連合富山»最新情報

最新情報

最新情報

県内労働者の安心・安全に向け、富山労働局へ要請

県内労働者の安心・安全に向け、富山労働局へ要請

2016/03/08

  3月8日(火)に、富山労働局に対し、より良い労働行政推進に向けた要請行動を行った。 冒頭、尾谷会長は吉田労働局長に5課題16項目の要請書を手交し、「現在、連合富山の各加盟組織では2016春季生活闘争が始まっている。今回の闘争の特徴としては2014年から続いている賃金引き上げの流れを維持し、中小の底上げ・格差是正・非正規へ波及させることでデフレからの脱却と経済の好循環実現をめざしており、年間総実労働時間の短縮、若者をはじめとする人材確保の観点での初任給改定、非正規から正規への転換制度の導入など賃上げ以外でも様々な労働条件の改善要求を行っている。また、地域の活性化に向け、関係団体に働きかけてフォーラムや学校・職場等での寄付講座の開催を実施していきたい。連合富山が求める労働行政の更なる推進と併せて取り組みへの協力をお願いする」と挨拶し、土肥事務局長より要請趣旨説明を行い「県内に働くすべての労働者の雇用の安定と公正な労働条件確保に向けて、積極的な監督・指導の強化をお願いしたい」と要請した。 これを受け吉田労働局長は「日頃から県内労働者の労働条件改善に向け活動されていることに敬意を表する。雇用情勢については、求人倍率が高い水準で維持し、就職内定率が大卒は過去2番、高卒は過去1番の高率、労災も過去1番の低さとなり県内に関しては良い状況であると認識している。ただし、様々な諸課題があることは間違いなく、本日頂いた要請内容について後ほど各担当部局から回答する。意見交換では忌憚のないご意見を頂きたい」との挨拶を受け、担当の各部局から要請に対する回答を受けた。 その後の懇談では今後の雇用問題を中心に、学校への寄付講座の開催、ジョブカードの現状、最賃を含めた審議員の選任等ついて意見交換を行った。
「底上げ・底支え」「格差是正」に向け、富山県経営者協会へ要請

「底上げ・底支え」「格差是正」に向け、富山県経営者協会へ要請

2016/03/04

  3月4日(金)に2016春季生活闘争の取り組みを進めるに当たり、富山県経営者協会に要請行動を行った。 冒頭、連合富山を代表として尾谷会長から経営者協会・稲垣会長への「2016春季生活闘争に係る要請書」手交の後、尾谷会長は「2016春季生活闘争は、2014年からの賃上げの流れを継続させなければならない。また、個人消費を拡大させるためには月例賃金引上げが必要だ。また、非正規をふくめたすべての働く皆さんの底上げ・底支え・格差是正のつながる処遇改善が求められる。また、サプライチェーンで生み出された付加価値を公正に分配することが必要だ」と訴えた。 これを受け、稲垣会長は「一番大きな変化は新幹線の開通で、雇用の改善などにつながっている。格差が続く状況になっているが、めざすべきは豊かな中間層がある社会だ。賃金の引き上げについては、個別の企業の労使で話し合いをお願いしたい。富山県は下請けや中間産業が多く改善する努力が必要、現場力やスキルを高めるための処遇の改善が求められる。経営も考え方の変革が求められているが、一方で働く皆さんの改革も必要だ。富山県は地域創生のモデルになるとの評価があることから、様々なことに連合の皆さんとも一緒に取り組みたい」と挨拶した。 この後、懇談会にうつり、有給休暇の取得、非正規の正規への転換、人手不足と若者雇用の確保、政労使が参加するフォーラムなどの開催などの課題について 意見交換が行なわれた。
すべての働く者、生活者のための県政を!政策・制度要求県知事回答

すべての働く者、生活者のための県政を!政策・制度要求県知事回答

2016/02/16

  2月16日(火)に昨年提出した2016年度県予算編成に向けた政策・制度要求の最終回答を受けた。 冒頭、石井知事より尾谷会長へ2015年11月に提出した6課題39項目の2016年度政策制度要求に対する回答書が手渡された。 石井知事は挨拶で「12月現在の富山県の正規雇用者率は67.1%(全国2位)とりわけ若者の割合は72.9%(全国1位)である。依然として難しい県財政状況ではあるが安定した雇用は地域経済活性化や産業の発展、人口減少対策につながる。新年度からは『富山県奨学金返還助成制度』の創設を決定したところであり、UIJターン就職を積極的に推進していく。また『中小企業処遇改善事業』では平成26、27年度9社が参加し32名の正社員化を実現している。引き続き全国のトップグループで取り組んでいきたい」と挨拶した。 続いて尾谷会長より「景気は緩やかな回復状況にあり雇用状況の改善も続いているが、2月8日厚労省発表の毎月勤労統計調査では実質賃金は4年連続のマイナスで推移しており、賃金の引き上げが物価上昇に追いついていないのが現状である。連合は今春闘で「底上げ・底支え」「格差是正」で経済の好循環の実現に向けて取り組んでいる最中であり今後ともご尽力を賜りたい」と挨拶があった。 懇談に入り、奨学金の拡充、中小企業・非正規労働者の処遇改善についての意見交換が行われた。最後に連合からサプライチェーン全体で公正な利益配分が行われるよう2016春季生活闘争の理解を求め終了した。
2016春季生活闘争は賃上げ要求水準を4%とし、いよいよ闘争開始!!

2016春季生活闘争は賃上げ要求水準を4%とし、いよいよ闘争開始!!

2016/02/05

  2月5日(金)にボルファートとやまにて、2016春季生活闘争・業種別共闘全体会議(闘争開始宣言集会)を開催し、各構成組織から約100名が参加した。 本集会では第1部に連合非正規労働センターの石田局長を講師に招き、出身組織である全労金での非正規への取り組み経験や、連合非正規労働センターでの取り組みや「底上げ・底支え」「格差是正」には非正規の労働条件改善が不可欠であり、今次春季生活闘争における重要課題であるとの講演を受けた。 第2部では連合富山の今後の取り組み、5つの業種別共闘連絡会議の代表者による決意表明、闘争開始宣言を提起・確認し、3月内決着に向け、辻委員長のガンバロー三唱で意思結集を図った。組合員の期待に応え、労働組合の社会的責任を果たす  主催者を代表して共闘会議推進委員会の辻委員長は「この集会より闘争開始とし、今次春季生活闘争では賃金引き上げと処遇改善にこれまで以上に結果にこだわった闘いを進めていこう」と挨拶した。 続いて、連合富山を代表して尾谷会長は「組合員の期待に応える回答を引き出さなければならない。労働組合としての社会的責任を果たそう」と挨拶した。クラシノソコアゲ応援団として、各職場に至るまで総がかりで闘う 集会では連合本部の神津会長のメッセージDVDを視聴した。神津会長から「今年は『底上げ闘争』である。4つのキーワード(①持続性、②月例賃金、③広がり、④底上げ)を基に『底上げ・底支え』『格差是正』を図る。『働くことを軸とする安心社会』の実現に向け、『クラシノソコアゲ応援団』のメンバーとして一人ひとりが主体的に取り組み、総がかりで行動し、最後まで粘り強く闘おう」と激励を受けた。すべての働く者の処遇改善に向け、中小労組も積極的に要求を  土肥事務局長は「大手追従・大手準拠から転換し、中小労組の積極的な交渉で『底上げ・底支え』『格差是正』を実現しなければならない。賃上げについては2%の引き上げ、定昇制度のない労組は定期昇給相当分プラス賃金引き上げ分で総額1万5百円の水準をめざす。また、初任給の引き上げ、規模間・男女間の格差是正など改善点は山積している。すべての働く者の労働条件改善をめざし闘っていこう」と説明した。
心新たに!心ひとつに!新年祝賀会開催

心新たに!心ひとつに!新年祝賀会開催

2016/01/05

   連合富山は、各事業団体との合同開催となる「2016新年祝賀会」を富山県・富山市・富山労働局、各政党団体・推薦議員と各構成組織・各加盟組織代表など約250名が出席して開催した。 主催者を代表して連合富山:尾谷康弘会長は「社会から共感が得られる活動をめざし、2016春季生活闘争ではすべての働く者の処遇改善と「底上げ」「底支え」「格差是正」をめざし、4%基準の要求実現を取り組む。政治については、1強多弱の状況で安保関連法や派遣法が強行採決されたが、7月の参議院議員選挙では連合組織内候補者全員の当選をめざすと共に、選挙区と連動した取り組みが必要だ」と年頭の挨拶を行った。 来賓挨拶では、県知事代理として荒木公営企業管理者、市町村を代表して森富山市長からそれぞれ祝辞を受け、富山労福協の石黒副理事長(全労済富山県本部長)の発声で乾杯し祝宴に入った。アトラクションは吉田卓郎ソングが披露された。 祝賀会の最後には、連合富山の中村副会長の掛け声で2016春季生活闘争と参議選の勝利と今年1年のさらなる飛躍をめざす"ガンバロー"を力強く三唱した。

新年のご挨拶

2016/01/01

 2016年のはじめにあたり、組合員の皆様に謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 昨年は、戦後70年の節目の年でありましたが、自公政権は国民の理解や合意形成への努力もなく、労働者派遣法の改悪や安全保障関連法を数の力で可決してしまいました。 この法的手続きも踏まないままの手法は、結果して、労働者・生活者との溝を深めることになりました。 連合富山として、『STOP THE 格差社会!暮しの底上げ実現』キャンペーンの中で、労働者保護ルール改悪阻止など包含し、進めてまいりましたが、ここで立ち止まることなく、次期国会で提案予定の残業代ゼロ法案や解雇の金銭解決制度など、阻止すべく、反転攻勢の取り組みが重要であると思います。 その意味において、一強多弱の政治体制から、緊張感ある議会制民主主義の政治に代えなければなりません。 私たちの意見を代弁する政治家の数が足りていない現実を変えるには、7月の参院通常選挙によって、私たちが応援する推薦候補者の必勝を期した取り組みが欠かせません。与野党が逆転する参院の議席数確保に向けての取り組みに、ご理解とご協力をお願いいたします。また、本年も魚津市議会議員選挙など、各自治体選挙が続いてまいりますが、候補者全員の必勝を期して取り組んでいきたいと思いますので、変わらぬご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。 一方、富山県内の経済は、景気が緩やかな回復を続ける中で、各産業の業種間や大手・中小などの規模間で格差があるものの、総じて企業業績が改善し、設備投資も増加傾向にあります。雇用情勢も改善している中で、人手不足状況が生まれ、企業活動への影響が懸念されています。 加えて、働く者の環境は、2年続きで賃金の引き上げが実施されたものの、所得が消費増税を含めた物価上昇に追いついていない状況にあります。また、派遣・契約、パートで働く人達が、雇用労働者の4割を超え、年収200万円以下で働く皆さんが、1,100万人になっていることに加え、生活保護所帯も増加を続けており、貧困などの課題解決が求められるところであります。 このように多くの課題がある中、連合富山は、2016春季生活闘争や7万人連合に向けた組織強化・拡大、新キャンペーンである「クラシノソコアゲ応援団!2016RENGOキャンペーン」、第4次男女平等参画推進計画などの取り組みを進め、真に「働くことを軸とする安心社会」の実現になるよう組織一丸となって運動を展開しますので、格別のご協力をよろしくお願い申し上げます。 本年も皆様にとって幸多い年でありますようご祈念申し上げ、新年のあいさつといたします。
月例賃金にこだわり、賃金引き上げの流れを継続させよう!連合富山2016春季生活闘争討論集会を開催

月例賃金にこだわり、賃金引き上げの流れを継続させよう!連合富山2016春季生活闘争討論集会を開催

2015/12/02

 12月2日(水)に連合本部の須田総合労働局長を招き、連合富山2016春季生活闘争討論集会を開催した。冒頭、主催者を代表して尾谷会長は「来年の参議院議員選挙に向け、政策が一致する政治家を増やし、一強多弱と言われる現状を打破しなければ、働く者の雇用や生活は守れない。連合が推薦する組織内候補者の当選に向け、取り組みの強化が求められる。2016春季生活闘争については、2014、2015の成果を引き継ぎ、月例賃金の引き上げの流れを継続させ、格差是正や社会保障制度の充実を求め、デフレからの脱却と経済の好循環を実現しよう」と挨拶した。 続いて、須田総合局長は、「2016春季生活闘争では、すべての働く者の賃金の底上げ・底支え、格差是正が不可欠である。日本全体の賃金決定のメカニズムを活かし、拡大する企業規模間格差の是正と非正規労働者の処遇改善に向け、従来の大手追従、大手準拠の構造転換を求める運動のスタートとして挑戦を始めたい。そのため、連合として大手企業の適正な利益配分や、取引価格の問題等に対処する相談窓口(03-5295-0514)を設置する。賃金引き上げについては、様々な意見がある中で、定期昇給相当分(賃金カーブ維持分)を含め4%程度とした。各加盟組織は、組合員の賃金実態の調査・把握に努め、賃金カーブの歪みや格差の改善に取り組んでほしい。連合としては2月末までに要求提出し、3月に山場を設定するが、地域の労働条件向上と賃金引き上げの波及力を高める取り組みをお願いしたい」との説明を受けた。 この後、土肥事務局長が7年目を迎える5つの業種別共闘体制での取り組みと、今後のスケジュールとして、12月16日(水)の第2回執行委員会、25日(金)の第1回共闘会議推進委員会での協議を経て、1月20日(水)の第3回執行委員会で方針を協議・決定したいと提起し、最後に、共闘会議推進委員会の辻委員長のガンバロー三唱で集会を終了した。
勤労者・生活者のためにより良い県政の実現を!政策・制度要求県知事要請

勤労者・生活者のためにより良い県政の実現を!政策・制度要求県知事要請

2015/11/19

 連合富山は11月19日(木)に富山県石井知事に対して、6課題39項目にわたる2016年度予算編成に向けた政策・制度に関する要求書を手交した。 冒頭、尾谷会長から石井知事に対し、連合富山総研が取りまとめを行った政策・制度要求書を手交した。 尾谷会長は、「景気は回復基調にあるが、消費税増税をはじめとする物価上昇に賃金引き上げが追い付いておらず、働く者にとって依然として厳しい状況が続いている。また、先の国会で労働者派遣法が改悪され、今後も残業代ゼロ法案と言われる『高度プロフェッショナル制度』の創設、『解雇の金銭解決』の導入などについて審議入りする動きがあり、労働者保護ルール改悪の動きが一段と強まっている。さらには、非正規が労働者の1/3以上を占め、年収200万円以下で働くワーキング・プアが1,100万人を超える中、底上げ・底支え、格差是正は依然として進んでいない。このような情勢下で少子・高齢化が進む中で、安定した雇用や安心できる社会的セーフティネット機能を基盤とした社会の実現が求められている。知事は『活力・未来・安心』の創造に向けて県政を遂行されているが、ここに6課題39項目にわたる政策・制度要求書を提出させていただくので、県の2016年度の諸施策に反映していただくようお願い申し上げる」と挨拶した。  その後、石井知事から挨拶を受けたのち、土肥事務局長が10の重点項目に絞って要求内容の概要を説明し、石井知事から重点項目に関する現状と現時点での展望について意見を頂き終了した。 なお、12月21日(月)に県から中間回答を受け、来年2月までを目途に文書による最終回答を受ける運びとなっている。
柔軟な発想と積極的な行動で組合活動の活性化を!青年委員会第26回定期総会開催

柔軟な発想と積極的な行動で組合活動の活性化を!青年委員会第26回定期総会開催

2015/11/14

 連合富山青年委員会は11月14日(土)にボルファートとやまにおいて第26回定期総会を開催し、新たな活動方針と新役員体制を確立した。 冒頭、梅本委員長の挨拶に続き、連合富山を代表して土肥事務局長より青年活動の課題・期待を含めた激励の挨拶を受けた。 続いて、執行部より「2015年度活動報告」ならびに「2016年度活動方針(案)」「2016年度役員体制(案)」を提案し、満場一致で承認された。新たに委員長に選出された下根委員長、他新役員が自己紹介と挨拶し、続いて退任した梅本委員長、他退任役員の挨拶を行った。  最後に「総会宣言」を採択し、下根委員長から連合富山青年委員会の活動のキーワードである「交流」「学び」「活力」を基本に、今後1年間の活動の充実に向けたガンバロー三唱で総会を終了した。
畑委員長、新庄事務局長就任!女性の活躍推進を!!第26回定期総会

畑委員長、新庄事務局長就任!女性の活躍推進を!!第26回定期総会

2015/11/14

 連合富山女性委員会は11月14日(土)にボルファートとやまにて、第26回定期総会を開催した。 女性委員会西井幹事の進行で議長に県教組小里幸子代議員を選出し進められた。冒頭、主催者を代表して木下委員長から「女性活躍推進法が成立し、来年施行される。女性の働きやすさを求めて取り組んでいきたい。本年も集会やステップアップセミナーなど皆さんとともに取組んできた。第26回定期総会の提案について確認いただき、しっかり進めていこう」と挨拶があった。 続いて連合富山を代表して土肥事務局長より「女性の労働環境は、厚生設備さえ完備されていない状況から現在に至っている。雇用機会均等法など法整備は進んでいるが、ますます女性の活躍を期待する。女性委員会の取り組みでさらに進めてほしい」との力強い激励をいただいた。 議事に入り、小橋副委員長から2015年度活動報告、長崎事務局長から2016年度活動方針、役員体制が提案され、いずれも賛成多数で承認された。永森幹事から総会アピールを読み上げ、満場の拍手で採択された。閉会にあたり新庄新事務局長から、新たなスタートを切る女性委員会の取組みへの参加協力をお願いし総会は終了した。  続いて記念講演が行われた。富山労働局 雇用均等室 光永圭子室長より「女性活躍推進法について」と題し、富山の女性労働者の割合は、全国トップクラスであるが管理職比率は全国でも下位にある状況や、県内女性労働者の現状や均等室に寄せられる相談状況について報告がされた。続いて女性活躍推進法の内容説明、施行までの期間に義務化された企業に求めること、また労働組合としての意見反映など関わり方についてわかりやすく説明をうけ、記念講演は終了した。
地方の問題の改善に向け、政策・制度要求の前進を!連合富山総研第23回定期総会

地方の問題の改善に向け、政策・制度要求の前進を!連合富山総研第23回定期総会

2015/11/13

 連合富山総研は11月13日(金)に第23回定期総会を開催した。 冒頭、国沢理事の開会挨拶があり、議長にJAM村上和幸代議員を選出し始められた。主催者を代表し、中村理事長より「自公政権下、アベノミクスの矢でのデフレ脱却は遠く、国民の7割以上が景気を実感していない。実質的な賃金は10%下がり、内需の拡大は失敗に終わっている。新三本の矢でGDP600兆円の達成は難しく、人口減少下の1.8特殊出生率は、非正規4割の状況では難しく、介護では、現在240万人が介護をしながら働いている。年間10万人の介護離職者や、介護保険制度の報酬2.3%引き下げなど、課題は山積する。政策・制度の役割は、首長を動かし国を動かすことにある。地方の問題の改善に向け政策・制度要求を前進させていこう」と挨拶した。 続いて連合富山を代表し尾谷会長より挨拶があり、当面の課題として年末一時金闘争、2016春季生活闘争、来夏の参議院議員選挙の状況、労働者保護ルールの大改悪を阻止する取り組みのほか、安倍政権にNOをつきつける「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーンへの協力を要請された 議事に入り、2015年度活動報告、会計決算報告、監査報告が承認され、また協議事項では、2016年度事業計画案、予算案、役員について提案し、いずれも承認され終了した。 続いて記念講演に移り、財務省 北陸財務局富山財務事務所 野口所長より「最近の経済情勢等について」と題して講演いただいた。最近の県内の経済情勢では、北陸新幹線開業が追い風となり、経済の好循環が持続している。着実に回復を続けていくことが期待され、県内経済は、総じて回復しているとの判断を示された。北陸新幹線金沢・富山開業の北陸経済への波及効果と課題について北陸他県との比較を様々な指標を示しながら説明された。非常にタイムリーで興味深い題材に対し、多岐にわたる現状や課題の説明いただき、講演は終了した。
年金・医療・介護の改悪を阻止し老後を安心して暮らせる福祉社会実現に向けた取り組みを!高退連第17回定期総会

年金・医療・介護の改悪を阻止し老後を安心して暮らせる福祉社会実現に向けた取り組みを!高退連第17回定期総会

2015/10/29

 富山県高齢・退職者団体連合(県高退連)は10月29日(木)に第17回定期総会を開催した。 冒頭、挨拶に立った鈴木光男会長は、心と身体の健康を維持し、高齢者のパワーをいかんなく発揮、高退連の重点課題である、社会保障の充実強化、年金・医療・介護の改悪を阻止し老後を安心して暮らせる福祉社会実現に向けた取り組みを進めていこうと強く訴えた。 地域活動の活性化と組織強化の取り組みとして、取り組んだパークゴルフ大会は各地域予選に400名、県大会を含め総勢507名の参加を見、年々活況を呈しており、新春の集いやパークゴルフ大会への参加働きかけを強め、交流を通じて組織強化に努めようと挨拶された。 来賓には、尾谷康弘・連合富山会長、須川弘美・富山県商工労働部次長、林道寛・日本退職者連合副事務局長に出席を願いご挨拶を頂き、瀬川亨・北陸労働金庫富山県本部本部長、石黒博・全労済富山県本部本部長を紹介し、メッセージは、福井・石川・新潟対象者連合会長、参議院議員又市征治氏から頂戴した。 議事は、2015年度活動報告・会計報告・監査報告、議案として2016年度活動計画・予算案は代議員より1件の意見要望を頂き、規約改正で名称を富山県高齢退職者団体連合から富山県退職者連合に変更することを満場一致で承認し無事終了した。

«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  

バナーエリア

pagetop