連合富山»最新情報

最新情報

最新情報

『底上げ・底支え』『格差是正』を求める地場・中小労組の闘いはこれからが本番!

『底上げ・底支え』『格差是正』を求める地場・中小労組の闘いはこれからが本番!

2017/04/05

  連合富山は4月5日(水)にCiC前広場にて2017春季生活闘争の地場・中小労組における未解決労組の闘争支援と早期決着を求める決起集会を開催し、県内350名の組合員が参加した。 主催者を代表し、共闘会議推進委員会の神田委員長は「99人以下規模の加重平均では昨年を上回る回答を引き出しており、『底上げ春闘2年目』の取り組みが成果として表れている。『底上げ・底支え』『格差是正』を求める地場・中小労組の闘いはこれからが本番である。メーデー前の決着をめざし、最後まで粘り強く交渉してほしい」と挨拶した。続いて、連合富山を代表して尾谷会長は「現在の集計結果は昨年並みの水準を維持しており、4年連続の賃金引き上げにつながっている。また、中小や非正規労働者の賃上げも堅調に推移しており、各組織における粘り強い取り組みの結果である。未解決労組には最後まで月例賃金の引き上げに拘った交渉の展開をお願いする」と訴えた。 この後、JAM北陸・スギノマシン労組の小倉孝太さん、UAゼンセン・富山県支部の加鹿康夫さんから、各組織の取り組み状況と併せて要求実現向けて闘う決意表明が行われた。 引き続き、土肥事務局長から本日開催した第3回共闘会議推進委員会での確認を踏まえ、①月例賃金の引き上げに拘り、「大手追従・準拠などの構造の転換」と「サプライチェーン全体で生み出した付加価値の適正配分」の運動のさらなる前進、②各構成組織や連合富山・各地域協議会は、情報交換、情報開示を積極的に進め、地場共闘の強化、③4月5日から4月28日までを「地場・中小回答促進期間」に設定しメーデー前の決着、④4月19日に「闘争委員会」を開催し、地場・中小労組の賃金引き上げと全体の早期決着に向けた取り組みを確認、の以上4点を今後の取り組みとして提起され、参加者全員で確認した。 続いて、共闘会議推進委員会の中田副委員長から地場共闘の強化を含め、メーデー前早期決着に向けた集会宣言が提案され、これを採択した。 最後に、神田委員長のガンバロー三唱で集会を終え、参加者全員で富山駅周辺をデモ行進した。
県内に働くすべての労働者の雇用の安定と公正な労働条件確保を!!

県内に働くすべての労働者の雇用の安定と公正な労働条件確保を!!

2017/03/13

  連合富山は3月13日(月)に富山労働局に対し4課題15項目に亘る労働行政の推進に向けた要請書を提出した。 冒頭、尾谷会長から山﨑労働局長に要請書を手交した。尾谷会長は「日頃より、労働環境の維持・向上に尽力されていることに敬意を表する。現在、連合富山の各加盟組織は2017春季生活闘争に取り組んでおり、今週15日に最大のヤマ場を迎える。今回の闘争は過去3年連続の賃上げを継続することと併せ、絶対水準での賃金引き上げ、非正規雇用の労働条件の向上、大手追従・大手準拠からの脱却による格差是正をめざし取り組みを進めている。また、人手不足による長時間労働については、年間総実労働時間が2000時間以上で高止まりとなっていることから、安全衛生上、長時間労働の撲滅に向けた取り組みも進めている。さらには、人材確保の観点での初任給改定、非正規から正規への転換制度の導入など賃上げ以外でも様々な労働条件の改善要求を行っている。労働局においても悪質な企業に対する監督・指導の強化をお願いするとともに、連合富山が求める労働行政の更なる推進と協力をお願いする」と挨拶した。 続いて、山﨑労働局長から「連合富山には県内労働者の労働条件の向上をはじめ、労働行政の運営に協力いただいていることに感謝申し上げる。現在、国が進めようとしている『働き方改革』については多くの課題が山積している。労働人口減少に対し、AI等の導入をはじめとする多様性に富んだ働き方について、スピード感のある行政執行が重要となる。本日は具体的な意見交換を行いたいので忌憚のない意見を伺いたい」と挨拶を受けた。 その後、土肥事務局長より要請趣旨説明を行い「県内に働くすべての労働者の雇用の安定と公正な労働条件確保が重要である。また、長時間労働の撲滅など、安全衛生の強化が必要である。安全なくして労働なし。これまで以上に積極的な監督・指導の強化をお願いしたい」と要請し、担当の各部局から要請に対する回答を受けた。 その後の懇談では、長時間労働撲滅に向けた取り組み、36協定の届け出企業の割合や届け出ていない企業に対する法令順守の対策、労働基準法を違反した企業への監督・指導の状況と取り組み強化、各種助成金の執行状況等について意見交換を行った。
富山県内の経済団体に初の要請行動

富山県内の経済団体に初の要請行動

2017/03/09

  連合富山は3月9日(木)に連合富山結成以来初となる県内の各経済団体に対し要請行動を行った。 ①富山県商工会議所連合会への要請 冒頭、尾谷会長より要請書を手交し、要請書の内容説明を行った。商工会議所・新庄事務局長より県下に8会議所があるが、要請された内容について、コメントを付けて周知していくとして挨拶がされ、その後若干意見交換を行った。  ②富山県中小企業団体中央会への要請 冒頭、尾谷会長より要請書を手交し、要請書の内容説明を行った。中小企業団体中央会増川専務理事より要請内容に対し重要な内容と受け止める。特に人手不足と長時間労働について改善しなければならない課題である。要請された内容について会員報告していくとして挨拶がされ、その後若干意見交換を行った。  ③富山県商工会連合会への要請 冒頭、尾谷会長より要請書を手交し、要請書の内容説明を行った。商工会連合会・池田専務理事より、要請された内容について重く受け止め会員に周知していく。商工会では後継者がいないことが多きな問題である。大手流通などで営業時間の短縮などの検討がされているが、個人経営の商店街などは割り切っている。として挨拶がされ、その後若干意見交換を行った。  ④富山県中小企業家同友会への要請 冒頭、尾谷会長より要請書を手交し、要請書の内容説明を行った。中小企業家同友会・玉崎事務局長より、翌週に会員の代表幹事会が予定されているので要請された内容を報告していくとして挨拶がされ、その後若干意見交換を行った。
女性が安心して働ける環境作りを

女性が安心して働ける環境作りを

2017/03/04

   連合富山女性委員会は3月4日(土)に2017ステップアップセミナーを開催した。 冒頭、女性委員会畑委員長の「春季生活闘争により賃上げが実っても税金や社会保障費も増大しており消費に回すゆとりはないのが現状である。本セミナーで『お金』のしくみを学び豊かな生活と老後のプランをみなおすきっかけにしてほしい」という挨拶で開会した。 続いて連合富山を代表して佐幸副会長が「女性が安心して働ける環境作りのため声を上げられるのは女性組合員である。本日は社会のしくみをしっかり学び女性が生活しやすい制度が整備されるように発信してほしい」と激励した。北陸労働金庫富山県本部の東山次長を講師として「今だから考えよう!基礎から学ぶ自分の『お金』について」と題したセミナーでは第一部を基礎編とし源泉徴収票の見方やそれぞれの控除の意味やしくみについて、第二部を応用編とし各種金融商品の種類や特徴、顧客保護など主に資金を運用するための講義が行われた。参加者との質疑応答では医療費控除や確定申告に関する質問が出され感心の深さが見受けられた。また「今後のマネープランの参考になってよかった。今日をきっかけとしてより深く勉強したい」との意見も多数寄せられた。最後に女性委員会松本副委員長の挨拶で閉会した。セミナー終了後に、連合富山女性委員会とJAM女性協議会は「3.8国際女性デー」連合全国一斉統一行動として"すべての人が活躍できる男女平等参画社会を実現しよう"のテーマのもとに富山駅頭でビラ、ティッシュ、お菓子(900セット)の配布と街宣車上からのトークリレーを行った。 今年は①国際女性デー、②無期転換ルール、③改正育児・介護休業法(介護部門)、④LGBT、⑤男女間賃金格差是正の5つの項目を選定し、女性の地位向上や労働環境改善、男女平等参画推進等を訴えた。 
月例賃金の引き上げ、長時間労働撲滅を!

月例賃金の引き上げ、長時間労働撲滅を!

2017/03/03

  連合富山は3月3日(金)に、富山県経営者協会に対し、2017春季生活闘争に係る要請を行った。 冒頭、連合富山を代表として尾谷会長から経営者協会・金岡会長への「2017春季生活闘争に係る要請書」手交の後、尾谷会長は「2017春季生活闘争は、2014年からの賃上げの流れを継続させなければならない。また、個人消費を拡大させるためには月例賃金引上げが必要だ。一方で、県内企業では実労働時間がなかなか減少していないのが実態である、時間外労働時間の削減や有給休暇取得の取り組みはトップダウンで進めて頂きたい」と求めた。これを受け、金岡会長は「長時間労働の是正は大きな課題だ。企業が付加価値をどのように高め資本にどう分配していくかとうい課題を考えて行く必要がある。連合富山の要請書について真摯に受け止め、各企業に伝えたい」と挨拶した。この後、懇談会にうつり、「人材不足に対応した人員確保」「公正取引の促進」「サプライチェーン全体での付加価値の適正配分」などの課題について意見交換が行なわれた。
ワーク・ライフ・バランスの充実を!!

ワーク・ライフ・バランスの充実を!!

2017/02/18

 連合富山青年委員会は2月18日(土)にワーク・ライフ・バランスに関する学習会を目的に2017スプリングセミナーを開催し、青年組合員47名が参加した。 冒頭、青年委員会を代表して大上戸委員長が「国会では『働き方改革』について議論されている。長時間労働によって心身ともに疲れ果て、ストレスから発症する鬱病、最悪の場合、過労死や過重労働による自殺といったケースも少なからず発生している。人生、仕事がすべてではない。仕事と生活の調和、ワーク・ライフ・バランスがあってこそより良い人生が送れる。本日のセミナーで学んだことを今後に活かしてほしい」と挨拶した。 続いて、コーチングのトレーナーでオフィスアヴェンス代表の土屋佳瑞氏を講師に招き、【しあわせに働くためのセルフマネジメント術】と題し、若者向けのワーク・ライフ・バランスについてワークショップを交えた講演を受けた。土屋氏は「ワーク・ライフ・バランスを推進する上で残業時間を減らすこと、仕事の効率化や時間管理への取り組みは必須となるが、ただ単に『こうやったらどんどん早く帰れる』『こうすると仕事が効率的になる』というような手法だけを取り入れても、会社や上司に『~してほしい』『~してくれないからダメだ』という発想からではなかなかうまく進まない。本日参加していただいている皆さんはまだまだこれから結婚や子育て、違う分野への仕事のチャレンジなど一人ひとりの可能性の幅がとても広い。そもそも自分自身にとってどんな状態が"調和がとれている"と言えるのか、今の自分とこれからめざしたい未来にはどんなバランスが理想なのかそれを考え、分析し、そしてそれを実行にうつすためのマインドとエネルギーを高めることをぜひ、大切にしてほしい。社会の変化に伴い働き方にも様々な違いが表れている。今、当たり前だと思っている環境はいつ変化してもおかしくない。そんな中で、共に働く仲間がお互いに力を発揮しあい、その人らしい豊かな暮らしを築ける幸せな働き方ができるように一人一人が、『自分の調和とは何か?』を見つけてほしい」と講演した。 続いて、1グループ6~7名に分かれてそれぞれの就労環境やライフスタイル等の情報交換を行い、これからのワーク・ライフ・バランスとはどうあるべきかについてグループディスカッションを行った。各グループで活発な意見・情報交換が行われた。 参加者からは「これまで漠然ととらえていたワーク・ライフ・バランスについて改めて考える良い機会となった」「講演が非常にわかりやすく、ワークショップもあったので楽しんで参加できた」「別のテーマでこの講師の講演を聞いたみたい」との意見があり、好評を博す中、セミナーを終了した。

政策・制度要求、県知事回答手交!

2017/02/15

 昨年11月に提出した6課題38項目の2017年度政策・制度要求に対する回答書が2月15日(水)に石井知事から尾谷会長へ手渡された。 石井知事は冒頭の挨拶で連合の要求項目から『若年者の雇用対策の充実について』『地域医療構想について』の2点に触れ「県内の新卒者の27.1%は3年以内に辞めており、早期離職を防止するため大学生を対象としたインターンシップやセミナーの開催、企業の情報開示で本人の希望と適正にあった就職に結び付けたい」「地域医療構想については2月7日に閣議決定された介護保険関連改正案で医療施設の新たな施設類型が示され富山県内は大きな混乱なく対応ができる見通しとなった。今後は在宅医療体制の一層の充実に取り組んでまいりたい」と説明した。 続いて尾谷会長が「富山県内は人手不足が深刻化しており長時間労働に拍車をかけているのではないかと懸念している。連合は今春闘で暮らしの『底上げ・底支え』『格差是正』とともに『長時間労働の撲滅』に重点をおいて取り組んでいる最中である。県でも労働者の総実労働時間が減少するよう今後ともご尽力を賜りたい」と挨拶した。 懇談では、公契約条例制定に向けた取り組み、地域交通活性化会議への参画、長時間労働対策(働き方改革の推進)についての意見交換が行われた。

2017春季生活闘争スタート!賃金引き上げを含む労働条件の改善を!!

2017/02/06

 連合富山は2月6日にボルファートとやまにおいて、連合本部の安永副事務局長を招き、連合富山2017春季生活闘争・業種別共闘全体会議を開催した。冒頭、共闘会議推進委員会の神田委員長より「2017春季生活闘争については、2016闘争の成果を引き継ぎ、月例賃金の引き上げの流れを継続させ、格差是正や社会保障の充実を求め、デフレからの脱却と経済の好循環を求めて行こう」と挨拶した。連合富山 尾谷会長からは「 2017春季生活闘争がスタートする。クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーンと連動して取り組んでいく、賃金の引き上げについては定期昇給相当分(賃金カーブ維持分)を含め4%程度とした。各加盟組織は、賃金実態の調査・把握に努め、賃金カーブのゆがみや格差の改善に取り組んでほしい。また、今春季生活闘争では長時間労働の撲滅についても積極的に取り組んでいきたい」と挨拶を受けた。 続いて、連合本部の安永副事務局長から、連合本部としての2017春季生活闘争方針の提起を受け、連合富山の土肥事務局長が連合富山2017春季生活闘争方針(要旨)の説明し、5つの業種別共闘連絡会議の代表者による決意表明、中野副委員長による闘争開始宣言の提案・採択を行った。最後に3月内決着に向け、神田委員長のガンバロー三唱で意思結集を図り閉会した。

クラシノソコアゲめざし、政策・制度要求の実現を!

2017/01/26

 連合富山は1月26日に推薦議員団会議を開催した。 冒頭、主催者を代表し、尾谷会長は「連合の2017春季生活闘争は4年連続賃金引上げをめざし、とりわけ月例賃金にこだわりすべての労働者の『底上げ・底支え』『格差是正』や、昨年に引き続き『大手追従・大手準拠からの脱却』の取り組みを前進させていく。4月の富山市議会議員選挙では連合推薦議員の回復・拡大にむけ全員の当選に力を尽くしたい。また公契約条例の制定に向けて各級議員のご理解と知恵をいただきたい」と挨拶した。 沢井副事務局長より県重点項目の「中間回答」についての報告があり、推薦議員団からは内容についての意見交換や補足説明が行なわれた。続いて土肥事務局長が2017春季生活闘争と「クラシノソコアゲ応援団!2017RENGOキャンペーン」について説明を行い、浜守副事務局長が富山市議会議員選挙の立候補予定者の確認と取り組み説明をした。また、大日程では次回の第2回推薦議員団会議は8月25日(金)の予定であったが、2017年度の県政策・制度要求回答の検証と2018年度の立案という内容に鑑みて時期を5月~6月頃に変更する事を確認し会議を終了した。
飛躍の1年となるように!

飛躍の1年となるように!

2017/01/05

 連合富山、および各事業団体との合同で1月5日(木)に「2017新年祝賀会」を開催し、富山労働局、富山県・富山市、各政党団体・推薦議員と構成組織・加盟組織、また今年初めて富山県経営者協会など県内6つの経営者団体から各代表約250名が出席した。 主催者を代表し尾谷会長は「世界の経済状況の不透明さから国内情勢が一変する事も念頭に置き『働くことを軸とする安心社会の実現』に向け組織一体となった取り組みが不可欠である。社会保障と税の一体改革を前進させ、2017春季生活闘争では『底上げ・底支え』『格差是正』をはかるため月例賃金の引き上げをめざす。また解散総選挙の準備体制を整えて健全で緊張感のある二大政党制実現を目指すと共に、4月の富山市議会議員選挙では推薦候補全員必勝にむけた取り組みが必要である」と年頭の挨拶を行った。 来賓を代表して県知事代理の須沼公営企業管理者、富山市の森富山市長から祝辞を受け、中村労福協副理事長の発声で乾杯し祝宴に入った。 最後に佐々木副会長の掛け声で"ガンバロー"を力強く三唱し1年間の団結を確認した。
すべての働く者の暮らしの安心・安全を!

すべての働く者の暮らしの安心・安全を!

2016/12/20

 連合富山と連合富山総研は12月20日(火)に富山県から2017年度予算編成に向けた政策・制度要求の中間回答を受けた。 冒頭、富山県の商工労働部端次長が「富山県の10月の労働市場の動きをみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍と雇用情勢は改善が続いている。『若者・女性・高齢者の雇用対策の強化』と『UIJターン就職の支援』『ものづくり産業未来戦略雇用創造プロジェクト』など人材の発掘定着に向け取り組みを進めていきたい」と挨拶した。続いて佐々木副会長が「景気は回復基調が続いているが県民生活の実感には結びついていない。雇用の質の改善や中小企業支援対策の推進で安心社会の実現のため前向きな回答をお願いしたい」と挨拶した。 続いて各担当部局から重点課題17項目についての現時点での検討状況が説明された後、土肥事務局長と参加者からの質疑応答・意見交換を行った。最後に佐々木副会長が2月7日に県知事からの正式文書回答を要請した。
4年連続の賃金引き上げをめざして!

4年連続の賃金引き上げをめざして!

2016/12/06

 連合富山は12月6日(火)に2017春季生活闘争討論集会を開催した。 連合本部の大久保労働条件・中小労働対策局長を招き、連合富山2017春季生活闘争討論集会を開催した。冒頭、尾谷会長より「来るべき衆議院選挙に向け政策が一致する政治家を増やし、一強多弱と言われる状況を変えないと、働く者の雇用や生活は守れない。連合が推薦する組織内候補者の当選に向け取り組みを強化していかなければならない。2017春季生活闘争については、2016春闘の成果を引き継ぎ、月例賃金の引き上げの流れを継続させ、格差是正や社会保障の充実を求め、デフレからの脱却と経済の好循環を求めて行こう」と挨拶した。 続いて、連合本部の大久保労働条件・中小労働対策局長から「2017春季生活闘争では、すべての働く者の賃金の底上げ・底支え、格差是正が不可欠である。日本全体の賃金決定のメカニズムを生かし、拡大する企業規模間格差の是正と非正規の処遇改善に向け、従来の大手追従・大手準拠の構造転換を求める運動を継続していく必要がある。そのため連合として、大手企業の適正な利益配分や、取り引き価格の問題等に対処する取り組みを行なう。賃金の引き上げについては、いろいろな意見がある中で定期昇給相当分(賃金カーブ維持分)を含め4%程度とした。各加盟組織は、賃金実態の調査・把握に努め、賃金カーブのゆがみや格差の改善に取り組んでほしい。連合としては、2月末までに要求提出し、3月にヤマ場を設定するが、地域の労働条件向上と賃金引上げの波及力を高める取り組み展開をお願いしたい」と訴えた。 引き続き、土肥事務局長から8年目をむかえる5業種の業種共闘体制での取り組みと、今後のスケジュールとして、12月14日の第2回執行委員会、12月21日の第1回共闘会議推進委員会での協議を経て、1月18日の第3回執行委員会で連合富山として闘争方針を決定したいと提起した。 若干の意見交換の後、共闘会議推進委員会の神田委員長の団結ガンバローで討論集会を終了した。

«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  

バナーエリア

pagetop