連合富山»最新情報

最新情報

最新情報

地方の問題の改善に向け、政策・制度要求の前進を!連合富山総研第23回定期総会

地方の問題の改善に向け、政策・制度要求の前進を!連合富山総研第23回定期総会

2015/11/13

 連合富山総研は11月13日(金)に第23回定期総会を開催した。 冒頭、国沢理事の開会挨拶があり、議長にJAM村上和幸代議員を選出し始められた。主催者を代表し、中村理事長より「自公政権下、アベノミクスの矢でのデフレ脱却は遠く、国民の7割以上が景気を実感していない。実質的な賃金は10%下がり、内需の拡大は失敗に終わっている。新三本の矢でGDP600兆円の達成は難しく、人口減少下の1.8特殊出生率は、非正規4割の状況では難しく、介護では、現在240万人が介護をしながら働いている。年間10万人の介護離職者や、介護保険制度の報酬2.3%引き下げなど、課題は山積する。政策・制度の役割は、首長を動かし国を動かすことにある。地方の問題の改善に向け政策・制度要求を前進させていこう」と挨拶した。 続いて連合富山を代表し尾谷会長より挨拶があり、当面の課題として年末一時金闘争、2016春季生活闘争、来夏の参議院議員選挙の状況、労働者保護ルールの大改悪を阻止する取り組みのほか、安倍政権にNOをつきつける「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーンへの協力を要請された 議事に入り、2015年度活動報告、会計決算報告、監査報告が承認され、また協議事項では、2016年度事業計画案、予算案、役員について提案し、いずれも承認され終了した。 続いて記念講演に移り、財務省 北陸財務局富山財務事務所 野口所長より「最近の経済情勢等について」と題して講演いただいた。最近の県内の経済情勢では、北陸新幹線開業が追い風となり、経済の好循環が持続している。着実に回復を続けていくことが期待され、県内経済は、総じて回復しているとの判断を示された。北陸新幹線金沢・富山開業の北陸経済への波及効果と課題について北陸他県との比較を様々な指標を示しながら説明された。非常にタイムリーで興味深い題材に対し、多岐にわたる現状や課題の説明いただき、講演は終了した。
年金・医療・介護の改悪を阻止し老後を安心して暮らせる福祉社会実現に向けた取り組みを!高退連第17回定期総会

年金・医療・介護の改悪を阻止し老後を安心して暮らせる福祉社会実現に向けた取り組みを!高退連第17回定期総会

2015/10/29

 富山県高齢・退職者団体連合(県高退連)は10月29日(木)に第17回定期総会を開催した。 冒頭、挨拶に立った鈴木光男会長は、心と身体の健康を維持し、高齢者のパワーをいかんなく発揮、高退連の重点課題である、社会保障の充実強化、年金・医療・介護の改悪を阻止し老後を安心して暮らせる福祉社会実現に向けた取り組みを進めていこうと強く訴えた。 地域活動の活性化と組織強化の取り組みとして、取り組んだパークゴルフ大会は各地域予選に400名、県大会を含め総勢507名の参加を見、年々活況を呈しており、新春の集いやパークゴルフ大会への参加働きかけを強め、交流を通じて組織強化に努めようと挨拶された。 来賓には、尾谷康弘・連合富山会長、須川弘美・富山県商工労働部次長、林道寛・日本退職者連合副事務局長に出席を願いご挨拶を頂き、瀬川亨・北陸労働金庫富山県本部本部長、石黒博・全労済富山県本部本部長を紹介し、メッセージは、福井・石川・新潟対象者連合会長、参議院議員又市征治氏から頂戴した。 議事は、2015年度活動報告・会計報告・監査報告、議案として2016年度活動計画・予算案は代議員より1件の意見要望を頂き、規約改正で名称を富山県高齢退職者団体連合から富山県退職者連合に変更することを満場一致で承認し無事終了した。

若いうちからメンタルヘルス対策を!青年委員会2015ユースラリーで健康教室

2015/10/24

 連合富山青年委員会は10月24日(土)に2015ユースラリーを開催し、メンタルヘルス対策の一環として【労働は体が資本!~実践ヨガで身も心も健康に~】と題した健康教室を実施した。 冒頭、主催者を代表して大橋事務局長は「青年活動は活発さが重要であり、心身ともに健康であることが大切である。近年、メンタルヘルスに関するトラブルが多くなってきている。改正された労働安全衛生法では本年12月より50人以上規模の事業所ではストレスチェックが義務化される。若いうちからメンタルヘルス対策を身に着けてほしい」と挨拶した。 第1部の講座ではT's pilates代表の高山知美さんを講師に招き、メンタルヘルスに関する講演を受けた。高山さんは「ストレスとは日常で起こる様々な変化が原因となる。就職や結婚、妊娠といった喜ばしい出来事も刺激となり実はストレスの原因となることもある。ストレスと上手に付き合うことが心を健康に保つ術である。まずは緊張をほぐし身体を緩めて正常な状態に戻すこと、そして次に心を緩めることで必要以上にストレスを感じなくなる。体(反応)から心へのアプローチとしてヨガを実践することでよりリラックスした状態になれる」とヨガによるストレス解消法について説明した。  第2部ではヨガの講師にT's pilatesの荒井三穂さんを招き、参加者全員で約1時間にわたり呼吸の整え方、体のほぐし方等を学びながらヨガを実践した。 ヨガ実践後に行ったアンケート調査では「講演では会社に提供できる情報があり、参考になった」「ストレスについて考える良いきっかけとなった」「講演の内容もためになり、ヨガではリラックスすることが出来、良い取り組みだった」との意見があり、参加者全員から高評価を得て、ユースラリーを終了した。 
尾谷-土肥体制スタート!! 第29回定期大会開催!

尾谷-土肥体制スタート!! 第29回定期大会開催!

2015/10/21

「7万連合富山」への組織拡大と「労働法制改悪阻止」の実現を 10月21日(水)にボルファートとやまにて、第29回定期大会を開催し、役員・代議員約250名が出席した。  主催者を代表して尾谷会長は「労働者派遣法改正案が成立したことは遺憾である。今後は労働基準法に関わる改正案が提案される恐れがあり、予断を許さない。引き続き、労働法制改悪阻止に向け、連合が最も注力しなければならない課題である。また2016春季生活闘争は昨年、今年と続けてきた流れを踏まえ、真のデフレ脱却と経済の好循環につなげなければならない。月例賃金にこだわり、構成組織の皆さんとともに本部と連携して取り組みを進めていく。組織拡大については、7万連合富山を目標に掲げており、連合富山加盟組合員は本日時点では6万名強だが、大会以降、6万2千名を超える組織手続きの予定である。とりわけUAゼンセンによるパートの組織化が大きく、また他の構成組織において組織拡大を進めており、新規加盟の組織化につながっている。最後に、政治については来年7月の参議院議員選挙には比例区で連合組織内候補12名が出馬を予定している。相乗効果を出すためにも富山県選挙区における候補者擁立に向け連合富山としても連携・調整に汗をかきたい。働くことを軸とする安心社会をめざし、様々な課題に一致団結して取り組もう」と挨拶した。 続いて、来賓として連合本部の逢見事務局長、富山県知事代理として荒木県公営企業管理者、富山労働局の吉田局長、民主党富山県連の坂野代表、社民党富山県連合の菅沢代表代行、富山県民社協会の針山会長よりそれぞれ祝辞を賜った。 その後、一般会務報告、決算報告、監査報告について執行部より報告し、満場一致で承認された。すべての働く人にディーセントワークを 報告事項を終え、引き続き、松本副会長からディーセントワークと連合の取り組みについて説明し、会場全員が起立し「Decent Work for All(すべての人にディーセントワークを)」をかけ声に、チラシを掲げるアクションを行った。新たな運動方針を確認 午後の部では、沢井副事務局長が【第1号議案 構成組織・加盟組織の確認】について提起し、満場一致で承認された。続いて【第2号議案 2016-2017年度運動方針(案)】について瀬川事務局長が提案した。新たな方針では7万連合富山に向けた組織強化・拡大、非正規・未組織・若者の支援と参加促進、安心社会の構築、政策・制度の取り組み、男女平等社会の実現等の内容が示された。提案後、代議員より来年の参議院議員選挙、組織拡大、春季生活闘争、政策・制度要求等にの取り組みに対する質疑、発言があり、其々に対して執行部より答弁を行い、その後の採決で運動方針(案)が承認された。  続いて瀬川事務局長が【第3号議案 2016年度予算(案)】について提案し、承認された。その後、【第4号議案 2016-2017年度役員体制(案)】について神田役員推せん委員長から役員推薦に関わる経過が報告され、選挙管理委員会が新役員体制について提案され、満場一致で承認された。 新役員には中田一洋副会長(JP労組)、中野時夫副会長(情報労連)、土肥克彦事務局長(運輸労連)、土肥信次執行委員(JP労組)、三浦功執行委員(運輸労連)がそれぞれ就任した尾谷-土肥体制発足 瀬川氏退任に伴い、新たに事務局長に就任した土肥事務局長は「これからの連合運動は地域のため、そして全ての働く者のために運動を進めていかなければならない。尾谷会長の下、運動の前進に向けて、しっかりと汗をかいていきたい」と力強い決意を表明した。 続く【第5号議案 顧問の委嘱】では引き続き森本前会長に顧問を委嘱することが承認された。瀬川氏、沖田氏を表彰 本大会で退任された瀬川亨氏は執行委員2期3年、副会長4期7年、事務局長3期6年で連続8期16年、沖田裕弘氏は執行委員2期4年に亘り連合富山の役員として運動に貢献されたことから土肥事務局長が【退任役員表彰】について提案し、尾谷会長から感謝状と記念品を贈呈した。退任された瀬川氏は「これまでの運動でともに汗をかいた先輩・同期・後輩に感謝する。立場は変われど、連合富山の躍進と組合員の皆さんの活躍を期待し、エールを送る」と挨拶された。また、退任された小野昌樹氏、中島拓郎氏、安守剛氏からもそれぞれ退任挨拶を受けた。(沖田氏は都合により欠席)一致団結、全力でガンバロー 議長団によるスローガン確認後、新たに就任した中野副会長が大会宣言(案)を提案し、採択され、最後に尾谷会長のガンバロー三唱で定期大会を終了した。

ディーセントワーク世界行動デー全国統一行動ならびに地域最低賃金改定の周知のための街宣行動について

2015/10/08

  10月7日はディーセントワーク世界行動デーであり、全国統一で街宣行動を実施することとなり、併せて富山県の地域最低賃金が改定され、現行728円から18円増の746円となり、10月1日(木)より発効となる周知のための10月8日(木)にJR富山駅前にて街宣行動を実施した。 富山地協役員や各加盟組織役員、連合富山の役職員総勢22名が約2,500部のビラ・ティッシュを配布しながら「ディーセントワーク」に向けた取り組みのアピールと「地域最低賃金の改定」の周知を行った。

働く女性による意見交換を実施 2015連合富山女性集会

2015/09/12

   連合富山女性委員会は9月12日(土)に2015女性集会を開催した。 女性委員会の永森幹事の進行で始められ、主催者を代表して木下委員長より女性委員会のこれまでの取り組みなどを紹介し「この女性集会では産別を超えた意見交流となるよう協力をお願いする」との挨拶があった。続いて、連合富山を代表して佐幸副会長より「国会の動向では、労働者派遣法の成立や安全保障法案への民意を無視した強硬なやり方など遺憾である」また、組合における女性の参画が減っている課題などをあげ「男女が共に働きやすさを求めて声をあげていこう」と挨拶した。 続いて、①自治労県本部女性部(木下書記長)、②JEC連合富山地連女性委員会(西井委員長)、③JP労組富山地連女性フォーラム(金三津副議長)よりそれぞれ取り組み報告を行った後、コーヒーブレイクをはさみ7グループに分かれて分散会に入った。第4次男女平等計画の進捗や取り組みについての報告の後、女性委員会役員が座長を努め、意見交換を行った。「女性役員がなかなか見つからない」「組合の役割はなにか」「組合加入の意義やメリット」「介護休業の制度はあるが取得する人は少ない」「休暇が取りづらい」「残業が増えている」「心の病に陥ることがある」「マタハラがある」「女性執行部がいたことで女性特有の問題を相談できた」「役員の女性枠は必要」「男性主体の就業規則や運営規定の改善」など状況や問題点が出され、それに向けての改善案などの幅広く意見交換が行われた。各グループからまとめが発表され、集会は盛会に終了した。
「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾 国会会期延長に伴う全国統一行動第5次早朝街宣

「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾 国会会期延長に伴う全国統一行動第5次早朝街宣

2015/09/08

 連合の「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾取り組みとして、国会の会期延長に伴い、9月の国会会期末までを第5ゾーンとし、労働者派遣法改正法案及び労働基準法等改正法案の国会審議と並行し、労働者保護ルール改悪阻止に向けた街宣行動を9月8日(火)にJR富山駅前で実施した。 前回に引き続き、街宣行動に坂野・岡﨑両県議にも弁士として街宣行動に協力いただき、富山地協傘下の組合員は【労働者保護ルール改悪阻止】のビラ・ティッシュを県民に3,000部配布し、廃案に向けた取り組みをアピールした。
「働くことを軸とする安心社会」の実現を 第2回推薦議員団会議

「働くことを軸とする安心社会」の実現を 第2回推薦議員団会議

2015/08/27

 連合のめざす「働くことを軸とする安心社会」の実現に向け、政策・制度要求に関する意見交換を行うため、8月27日(木)に第2回推薦議員団会議を開催した。 冒頭、座長に松本副会長を選出し、各議員に対し連合の取り組みへの協力に対する謝意が述べられ進行した。主催者を代表し尾谷会長から、労働者保護ルールの改悪阻止に向けた国会抗議行動や安保法案の手続きを経ない強行な国会のやり方など、大きな問題として取り上げた。また、来夏の参議院選挙へ取組み、夏季一時金の集約状況、地域別最賃の改定についての取組みについても報告し、引き続きの協力をお願いする挨拶があった。 報告事項に入り、沢井副事務局長より「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾国会会期延長に伴う全国統一行動(その2)、宮越副事務局長より地方自治体選挙結果と今後の予定および来夏の参議院選挙の動向等についてそれぞれ報告された。続いて「2016政策・制度要求」策定の経過と素案を説明し、意見交換を行った。各議員からは、①「ブラック企業」の現状、②観光立県富山のこれからの戦略と課題、③富山きときと空港の維持存続、④空き家対策への課題など多くの意見・示唆をいただいた。最後に連合富山第29回定期大会、各地域協議会定期総会の日程など報告し終了した。

男女がともに活躍する社会を 2015男女平等サマーセミナー

2015/08/22

 8月22日(土)に2015男女平等サマーセミナーを開催した。 主催者を代表し松本副会長より「イクメン、カジダンが世の中に現れ男性の意識が変わりつつあるが、依然として大きな課題である。めざす男女平等社会の実現の背景には、労働人口を増やす目的での女性の社会進出を促す動きが取りざたされているが、労働時間を減らすなど男女が共に働き方を見直しが重要である。連合としてもしっかり取り組んでいかなければならない」と挨拶があった。 講演に入り、阿部知子氏より、第4次男女共同参画基本計画策定への民主党の素案では、『ジェンダー差別のない社会』の提案や、経済ありきの政府原案との攻防などを紹介するとともに、性暴力の未然対策や被害者への支援なども訴えた。安保法案では、野党の意地を見せ鋭い質問をぶつけると語った。また、子どもの生活環境では、過去の残忍な事件を取り上げ、家庭の重要性を訴え、自ら議員の道を進むきっかけとなったことなどを披瀝された。女性も男性も困難を抱えていることから、一緒に考え進んでいくことが大切であるとまとめて終了した。
「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾 国会会期延長に伴う全国統一行動第4次早朝街宣

「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾 国会会期延長に伴う全国統一行動第4次早朝街宣

2015/08/04

 連合の「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾取り組みとして、国会の会期延長に伴い、国会会期末までを第4ゾーンとし、労働者派遣法改正法案及び労働基準法等改正法案の国会審議と並行し、労働者保護ルール改悪阻止に向けた街宣行動を8月4日(火)にJR富山駅前実施した。 今回の街宣行動に坂野・岡﨑両県議にも弁士として協力いただき、「残業代ゼロ法案と言われるホワイトカラー・エグゼンプションの導入は長時間労働を助長する」「地方からも声を上げなければ、労働法制の改悪は進んでしまう。富山からも改悪阻止の声を上げよう」と訴え、街宣行動に協力いただいた富山地協傘下の組合員は【労働基準法等改悪反対うちわ】を県民に2,500部配布し、連合の取り組みの周知を図った。
親子で自然にふれあう 第19回連合富山はぐくみの森<親子活動>

親子で自然にふれあう 第19回連合富山はぐくみの森<親子活動>

2015/08/01

 8月1日(土)に第19回はぐくみの森ボランティア<親子活動>を開催し、28名の親子連れが参加した。 朝から気温が上がる大変暑いなか、金山コミュニティセンターに集合し、整備を続けている野手地区「はぐくみの森」へ移動し、親子活動をスタートした。 開催にあたり社会活動推進委員会副委員長の神田副会長より「連日暑い日が続く中、はぐくみの森親子活動への参加に感謝する。フォレストリーダー協会の協力のもと、里山散策、木工細工で夏休みの思い出づくりにしていただきたい」と挨拶があった。  参加者・フォレストリーダー協会の皆さんの紹介のあと、グループに分かれて、木漏れ日の里山の遊歩道に足を踏み入れた。途中に大きな蜂の巣が発見されたため、行動範囲が限られることとなったが、樹木の名称や葉の役割など詳しい説明がされ教科書には載っていない自然の現地ならではの知識が盛りだくさんに提供されていた。  続いて、金山コミュニティセンターに場所を移し「森の教本」で木や森や地形の環境保全について判り易く指導をうけ、木工細工にかかった。 子どもたちの参加年齢は、7歳から11歳の10名で、土台にはトロッコ形のキットを使い、様々な形の木切れやドングリ、松ぼっくりなど自然の素材を利用した作品作りに取り掛かった。金槌や接着工具などに悪戦苦闘しながらも、アニメに出てくるような戦闘機や、可愛い飾り付けの置物など楽しい作品を作り上げた。また、合間に大人たちは、竹製の笛をつくり、汗だくになって音色の調節を行った。参加者からは、散策での興味深い知識や自由な発想での木工細工には好評の声もいただいたが、当日は非常に蒸し暑く、里山散策や木工細工は、暑い中での行動となるため、水分や塩分を取ることや冷房の効いた和室を合間に利用しながらの暑さ対策に努めながら、記念撮影のあと昼食をとり短時間のうちで終了した。 
組合員OBが語る戦争の惨禍 2015ピース・アクションin-Toyama

組合員OBが語る戦争の惨禍 2015ピース・アクションin-Toyama

2015/07/31

   7月31日(金)に8月1日の富山大空襲の日に向けて、反戦平和の願いを込めた「ピース・アクションin-Toyama」を開催し、87名が参加した。 冒頭、主催者を代表して尾谷会長からは「富山大空襲-そして終戦から70年が経過しようとしている。本日は組合の大先輩である増田さんを招き、当時の体験談を語っていただくが、国会では安全保障関連法案が国民の理解を得ないまま強行採決された。こういった与党の進め方は国民軽視であり許せるものではない。この集会で反戦平和への意識をより高め、何か一つでもいいから心に刻み持ち帰ってほしい」との挨拶を受けた後、戦争体験談の講演に入った。 JEC連合・燐化学工業労組の元執行委員長である増田昭治氏が"地方都市最大の富山空襲"と題し、70年前の凄惨な体験とともに「正義の戦争などありはしない。戦時中は人が正常な判断力、心を失う。絶対に戦争は繰り返してはいけない」と語り、参加者は戦争の悲惨さと平和への思いを強くした。 その後、恒久平和への願いと安全保障関連法案が衆議院にて強行採決されてことに対する抗議を込め「次世代に平和の願いを伝えていく」とする集会アピールを採択し、集会は終了した。  また、集会前には社会活動推進委員会を中心にJR富山駅マリエ前にて街宣行動を実施し、反戦平和のうちわを配布しながら、県民に連合富山の平和への取り組みを訴えた。

«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  

バナーエリア

pagetop