連合富山»最新情報

最新情報

最新情報

平和を守り、雇用を立て直す みんなの安心のため、さらなる一歩を踏み出そう! 第86回富山県中央メーデー

平和を守り、雇用を立て直す みんなの安心のため、さらなる一歩を踏み出そう! 第86回富山県中央メーデー

2015/04/29

  連合富山主催、富山地協が実行委員会として4月29日(水)に富岩運河環水公園親水広場にて、組合員やその家族7,000名参加のもと、「働くことを軸とする安心社会の実現」と「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」をめざすために働く者の祭典である第86回富山県中央メーデーを開催した。 来賓には石井富山県知事、老月富山副市長、吉田富山労働局長、森本富山県労働者福祉事業協会副理事長、高田民主党富山県総支部連合会代表、又市社会民主党富山県連合代表、針山富山県民社協会会長をはじめ、立山町の舟﨑副町長、富山県・富山市の労働関係各部署代表、富山地協が推薦する各級議員、労働福祉事業団体の各代表に出席頂いた。 冒頭、実行委員会を代表して桑山実行委員長(連合富山・富山地域協議会議長)は「私たち勤労者を取り巻く環境は、経済ではアベノミクスによる円安・株高の誘導から、輸出大企業、富裕層を優遇し続けているが、地場・中小企業への波及効果は薄く、さらなる企業規模間格差が拡大している。今年の春季生活闘争によって賃金引き上げはあるものの、それ以上に物価孤島が家計を圧迫し、アベノミクスの強い副作用が出ている。政治の面では、今国会における労働法制改悪の動きやリスクが大きい年金積立金の運用見直しなど、自公政権の下で勤労者、生活者を踏み台とした政策が推し進められている。このような状況下で開催する本日のメーデーでは、今一度原点に立ち返り、私たちがめざす社会の実現に向け組織全体で指揮を高める必要がある。働く者が団結し、立ち止まらず、動き出すことの意義の認識を深めたい」と挨拶した。  続いて、尾谷会長が主催者代表挨拶で連合の取り組む「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーンへの理解・協力を求めた。 その後、来賓各位から挨拶を受け、『平和を守り、雇用を立て直す みんなの安心のため、さらなる一歩を踏み出そう!』のメーデースローガン確認、『労働者保護ルールの改悪阻止!年金積立金は誰のもの?「全国統一行動」開始宣言 特別決議』、『メーデー宣言』の提案・採択された。 引き続き、プラカードコンテスト、お楽しみ抽選会を実施した。  お楽しみ抽選会では、目玉賞品の「北陸新幹線(富山‐東京間)往復普通指定席4名分」が北陸電気工業労組の田中さんが当選し、尾谷会長から目録を贈呈した。 最後に、尾谷会長の発声でガンバロー三唱にて式典は終了し、実行委員会からのデモ指示の後にメーデー会場周辺を2隊に分かれてデモ行進し、第86回富山県中央メーデーは閉会した。
女性の地位向上に向け、ステップアップセミナーを開催

女性の地位向上に向け、ステップアップセミナーを開催

2015/04/18

     連合富山女性委員会は4月18日(土)に2015ステップアップセミナーを開催し、53名が参加した。 4年目を迎えた「2015ステップアップセミナー」は、総勢53名を集めて原幹事の司会進行で開催した。主催者を代表して小橋副委員長は、冒頭「まずは参加者全員それぞれ5名と英語で挨拶しましょう」との和やかな雰囲気でのスタートとなり、挨拶では「女性を取り巻く法律や規則改正などの職場の定着と様々なハラスメント対策など、それぞれの職場で取り組みを進めてほしい」と訴えた。 続いて、連合富山を代表して佐幸副会長より「女性議員の少ないことから女性参政権を勝ち得てきた時代を思い起こし、政治への関心・意識を高めよう。日本の防衛に対し積極的な平和主義意識を高めよう。また、男女平等参画においては当事者意識を持ってその原動力になろう」と激励を込め挨拶した。 セミナーに入り、清水講師より~そもそも「キャリア」とは?~の問いかけに認識の誤りについて指摘され、仕事の視点は判るが、生活領域全般の経験においてもキャリアと呼び、人脈もキャリアのうちであること、特に人生のライフキャリアの概念については「ライフ・キャリア・レインボー」の図形を用い、様々な立場での役割があることについて-講演を受けた。次に6人×9グループに別れて「10年後の自分に対する希望や役割」などについて話し合った。キャリアマネジメントの教訓として「人生の80%は本人も予期しない偶然の出来事によって作り上げられる」と示し、偶然の出来事がキャリアに大きな影響があり、偶然を避けるのではなく、起きたことを最大限に利用することが大切であると述べた。講師の組合経験のなかからも、とにかく逃げないでやってみることを実践してきたことにも触れ、大いに共感した。10年後のなりたい自分になるための行動について考えるきっかけとなり、好評のうちに終了した。
交渉の場は地場・中小へ!2015春季生活闘争が本格化

交渉の場は地場・中小へ!2015春季生活闘争が本格化

2015/04/02

2015春季生活闘争4.2地場・中小労組総決起集会  連合富山は4月2日(木)に2015春季生活闘争の地場中小労組の闘争支援と「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」を求める決起集会を県庁前公園にて開催し、350名の組合員が参加した。  主催者を代表し、共闘会議推進委員会・辻委員長が「要求提出組合の3割が前年実績を209円上回る成果を上げ決着している。これから地場・中小組合が決着をめざすが、この成果を波及させ4月末決着をめざそう」と挨拶した。続いて、連合富山・尾谷会長は「月例賃金の引き上げにこだわる取り組みの結果、昨年実績を上回る回答状になっている。同時要求の一時金についても昨年を上回っている。4月3日~28日の「地場・中小解決促進期間」において、この成果をすべての働く仲間の底上げ・底支え、格差是正につなげるため頑張ろう!また、派遣法をはじめとする労働法制の改悪や政府の年金運用問題への取り組み強化が求められる。明日からの県議選の取り組みと合わせて粘り強く闘い抜こう」と訴えた。  この後、JAM北陸・三光合成労組・松田多加志委員長と、運輸労連・富山県連合・沖田裕弘事務局長から、要求獲得に向けた闘う決意表明が行われた。  引き続き、瀬川事務局長から「2015春季生活闘争は、これから中小・地場の闘いが本番を迎える。現在の回答状況を踏まえ、①賃金カーブ維持分を確保した上で、要求趣旨に沿った回答引き出しに全力を挙げる。 ②そのために、本日から4月28日までを「中小回答促進期間」に設定し、精力的に交渉を展開していく。③非正規の時間給引き上げや処遇改善に引き続き取り組む。また「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾の取り組みついては、労働法制の規制緩和に対して、4月29日を中心とした4地協の第86回メーデーでの特別決議の採択、5月27日の「全国統一集会(インターネット中継)」に向けた街頭行動やフォーラムの開催、本部が主催する国会周辺での行動へのバス動員を企画していく」との今後の取り組み提起が行われ、参加者全員で取り組みを確認した。  続いて、共闘会議推進委員会・佐幸副委員長から「すべての働く者の底上げ・底支え、格差是正をめざし、総力を結集し闘い抜こう」との集会宣言が提案され、これを採択した後、辻委員長のガンバローで集会を終え、参加者全員で富山駅周辺をデモ行進した。

年金が危ない!?

2015/04/02

「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン【年金積立金は誰のもの?】  連合富山は4月2日(木)に「2015春季生活闘争の取り組みアピール」と「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーンの柱の1つである【年金積立金は誰のもの?】アピール街宣行動を富山・高岡にて実施し、2会場でビラ・ティッシュ計5,000部を配布した。
生活を見直し、しっかりとしたライフプランを

生活を見直し、しっかりとしたライフプランを

2015/03/21

連合富山青年委員会2015スプリングセミナー  連合富山青年委員会は、3月21日(土)にボルファートとやまにて2015スプリングセミナーを富山労福協、富山県ライフサポートセンターとの共催で、若者向けのライフプランセミナーを開催した。講師には北陸労働金庫の川端美紀乃氏、全労済の山道明子氏、渡辺伸宏氏の3名を講師に迎え、それぞれの分野から生活設計をどのように計画立てていくかといった内容で講演を受けた。  川端氏は、これからの人生においてどのようなことが起こりうるのか(結婚・出産・マイホーム購入等)を見やすい表にするライフイベントの作成法や「それぞれのイベントにどれだけの費用が掛かるか」「そのための貯蓄スタートはいつから始めるべきか」といった直近で若者に必要なプランから年金制度についてについて等の中長期にわたるお金に関する設計の必要性を説明した。また、賢く上手なローン・クレジットの利用法や悪徳商法の見分け方についてのDVDも上映された。  山道氏からは、今後の生活でどのようなリスクがあり、それらにどう対応していけばよいかといった事を全労済の共済内容を具体例とし、生活保障設計について講演を受けた。  渡辺氏は、富山県が車社会であり、交通事故にあうリスクが高いことから、事故への備えと万が一の場合の対応、最近増加している自転車事故の実態等について講演し、自分が加入している共済や保険を今一度見直しておくべきであると説明した。  参加者はどの分野についても熱心に聞き入っており、セミナー終了後のアンケートでも「人生設計の重要性を痛感した」「このようなセミナーは、より具体的な内容で何回か開催してほしい」「労働金庫・全労済は他の銀行・保険会社と一緒だと思っていたが、スタートは福祉であると聞いて認識が変わった」などといった意見があり、本セミナー開催の意義は概ね達成され成功裏のうちに終了した。

2015春季生活闘争の山場を控え、地域で総決起

2015/03/12

2015春季生活闘争アピール街宣行動  連合富山は3月中旬に開催された各地域協議会主催の2015春季生活闘争総決起集会の前段に富山・高岡にてアピール街宣行動を実施した。 富山地域は3月12日(木)にJR富山駅マリエ前にて2015春季生活闘争の取り組みと当日開催の富山地協の総決起集会周知のための街宣行動を実施した。尾谷会長は「すべての働く者の底上げ・底支え、格差是正を実現するため、2015春季生活闘争に取り組んでいる。また、連合がめざす働くことを軸とする安心社会に向け、政策・制度要求の実現をめざして取り組みを進めている。市民・県民の皆さんのご理解とご協力をお願いする」と訴えた。2015春季生活闘争の取り組み周知のビラ・ティッシュ約3,000部を富山地協の協力スタッフが配布した。

女性がいきいきと働き続けられる社会を

2015/03/07

2015国際女性デー富山集会  連合富山女性委員会は3月7日(土)に2015国際女性デー富山集会を開催した。 女性委員会・新庄副委員長の進行で開会し、主催者を代表して木下委員長は「国際女性デーの意義、非正規労働者の現状やサービス労働・長時間労働・メンタルヘルスへの取り組みなど、女性の働き方の見直しにつながる集会としたい」と挨拶した。 続いて、連合富山を代表して佐幸副会長からは、男女が共に働くことの大切さや労働組合の組織の重要性について触れ「しっかり女性の権利を勝ち取っていくためにも非正規を含め現場の声をあげていくよう期待する」との挨拶を受けた。長崎事務局長より、資料説明の中で「第4次男女平等参画推進計画」の2015年度到達目標である「単組方針への男女平等参画明記の100%達成」の呼び掛けならびに2015春季生活闘争における男女平等課題について「2015アクションリーフレット」を活用して、ポイント説明と要請を行った。 記念講演では、冨高男女平等局次長より『女性がいきいきと働き続けること』と題し、労働組合と関わってきた経過と日本の働く女性をとりまく現状について...企業入社から加盟組織・構成組織を経て、連合に来るまでのそれぞれのステージ毎に、様々なアプローチやサポートがあったこと...そしてどんな決断をしてきたか!?について講演を受けた。参加者からも好評を得るなかで女性役員に対してもより身近に感じられる力強いエールとなった。 その後、小橋副委員長から「集会アピール」が読み上げられ大きな拍手で確認し、最後に横井副委員長の「閉会の挨拶」で集会を終了した。 引き続き、JR富山駅マリエ前において女性委員会は、JAM女性協議会の協力で「3.8国際女性デー」における街宣活動を女性の労働環境や様々な女性に関わる法律などの改善を求め、マイクリレーで訴えながら、ビラ・ティッシュ・ポッキーの900セットを配布し、終了した。
労働行政の改善を

労働行政の改善を

2015/03/04

富山労働局への申し入れ・富山地域産業労働懇談会 連合富山は3月4日(水)に富山労働局に対して労働行政の改善を求める要請行動を行った。 冒頭、尾谷会長は「すでに2015春季生活闘争がスタートしているが、賃上げのみならず長時間労働撲滅など労働諸条件の改善を求めている。また地域の活性化が不可欠なことから、関係団体と連携を図るためフォーラムや無料の寄付講座の開催について、理解と協力を願うとともに連合富山が求める労働行政の更なる推進をお願いする」として、5課題16項目の要請書を手交した。続いて、瀬川事務局長より要請書における重要項目の趣旨説明を行い「県内に働くすべての労働者の雇用の安定と公正な労働条件確保に向けて、積極的な監督・指導の強化をお願いしたい」と要請した。 これを受け吉田労働局長は「日頃から県内労働行政推進の向けた尽力に深く感謝する。雇用情勢については、求人倍率が高い水準で維持しているものの、さらに雇用のマッチングを強化しながら就職件数を上げていきたい。また県内における労働時間が全国平均よりも長いことや年休取得率が低いことから、集中的に取り組みを進めたい。個別の要請課題に対しては後ほど各担当部局から回答するが、忌憚のないご意見を頂きたい」と挨拶し、要請事項に沿った概略の見解を示した。また、担当の各部局から要請に対する回答を受けた後、今後の雇用問題を中心に、①労働相談における連携強化、②タクシー運転手の未払い賃金判決などについても意見交換を行った。
労働教育の充実を

労働教育の充実を

2015/03/04

富山県教育委員会要請「学校における労働教育のカリキュラム化の推進に関する要請」 連合富山は3月4日(水)に富山県教育委員会に対して「学校教育における労働教育のカリキュラム化の推進に関する要請」を行った。 冒頭、連合富山尾谷会長から寺井教育長に対し、学校における労働教育のカリキュラム化の推進に関する「要請書」を手交した。尾谷会長からは「今、若年労働者の雇用状況から労働教育が行き届かない中で離職に追い込まれる若者が増加している。社会人になる前段での中学・高校・大学におけるカリキュラム化される中でしっかり学ぶことが重要になることから、要請の趣旨を理解し進めていただきたい」と挨拶した。 引き続き、瀬川事務局長から「教育の場から労働の場への円滑な接続実現のため、労働教育のカリキュラム化推進は、若年労働者にとって重要かつ良質な雇用基盤となることから、今回すべての地方連合会で要請するもので、県内の学校教育においても働いてから困ることのないように働くことに関する知識と働く上での権利・義務を理解し、社会に出てから活用できる環境整備の推進を・・・」と趣旨説明ならびに連合富山が調整中の県立国際大学への出前講座や「知って帳」の配布などの取り組み状況も含めて、県内でのカリキュラム化への推進要請を行なった。また、佐幸副会長からも「労働関係法制度をめぐる教育の在り方」の省庁報告書を提示し理解を求めた。 寺井教育長からは「キャリア教育は小中高と全国でもトップクラスであるが、離職対策はミスマッチが少なくなるよう努力する。労働教育は公立では教えているが、労働者の権利の知識が不足している。しっかり教えていきたい。要請の趣旨は理解するが、出前講座など含めそれぞれの学校サイドで判断することである」と述べるにとどまった。 引き続き、若年雇用対策に総合的かつ体系的に取り組みことが重要となることから、その必要性と実現に向けてねばり強く求めて取り組んでいく。
賃上げで「デフレ脱却」「経済の好循環」の実現を

賃上げで「デフレ脱却」「経済の好循環」の実現を

2015/03/03

富山県経営者協会への申し入れ・労使懇談会 連合富山は3月3日(火)に富山県経営者協会に対して2015春季生活闘争に関連する申し入れを行い、労使懇談会を開催した。 冒頭、連合富山を代表として尾谷会長から経営者協会・稲垣会長への「2015春季生活闘争に係る要請書」手交の後、尾谷会長は「今回の春季生活闘争は、昨年の流れを大切にした賃上げ要求になっている。中小については、月例賃金のみならず一時金や退職金について大手との格差があることから、個別賃金水準の絶対値に拘った要求としている。各労使交渉のなかで賃上げは、世間から社会的責務であると見られていることを認識し、理解と状況を考えた対応をお願いする」と訴えた。これを受け、稲垣会長は「景気は未だ不透明な部分があるが悪い方向ではないと考えている。賃上げをすることによって景気の好循環は必要であり責務となっているが違ってくる差異も話し合いされていくことも大事。社会的単位として加盟の会社へ働き掛けていく。職業観もより豊かな地域にしていくため重要な要素。地域創生も真剣に取り組みたい。様々な取り組みに連合とも一緒に連携していく」と挨拶した。 この後、瀬川事務局長から要求6課題のポイントとして、①若年の雇用対策の充実、②中小の賃上げ・格差是正、③地方版総合戦略における連携について要請を行ない、引き続き、①深刻化する人手不足の問題、②外国人労働者の活用の可否など、現場力が低下しているなかで労使による更なる協調と連携が求められるなどの意見交換を行ない終了した。
男女平等の労働行政を

男女平等の労働行政を

2015/02/27

富山労働局雇用均等室要請 連合富山女性委員会は2月27日(金)に富山労働局雇用均等室に対して男女共同参画社会の実現に向けた要請行動を行った。  冒頭、女性委員会を代表して木下委員長より、富山労働局雇用均等室・光永室長へ要請書を手交した後「要請事項の趣旨を理解いただき、引き続き女性の労働環境改善に向けた諸施策の推進に努めてもらいたい」と挨拶した。長崎事務局長からは、連合のモバイルリサーチ「働く女性の妊娠に関する調査」の報告による現状を含めた趣旨説明ならびに、①男女雇用機会均等法、パート労働法、次世代育成支援対策推進法等の法改正、②施行規則の改正についての周知・指導・支援について、非正規労働者への波及とも合わせて要請した。また、雇用均等室の果たす役割が大きいことから均等室の周知も含め6項目を要望し、光永室長より以下の説明を受けた。  ① 法律改正・規約改正の周知する機会であることから非正規労働者への波及を推進する。  ② マタニティハラスメントは、相談件数前年同月比1.6倍に増えており指導強化をはかる。  ③ セクハラの相談は減っているが、起こりやすい職場には研修を行うことを周知する。  ④ 母子手帳交付時に「リーフレット」を配布するなど、非正規労働者へも情報が届くよう法律や規則の周知を行なっている。  ⑤ 間接差別については「転勤要件」も問題としている。  ⑥「均等室」自身の周知についても努めていく・・・等意見交換では、時間を延長して行われ、意義ある要請行動となった。

勤労者・生活者のための県政を

2015/02/16

2015年度予算に関する政策・制度要求に対する知事回答  連合富山は2月16日(月)に石井知事より2015年度政策・制度要求に対する回答を受け、回答書が知事から尾谷会長に手渡された。 続いて、石井知事より「これからも協力を得ながら勤労者の施策を進めていく。国・地方とも厳しい状況ではあるが、地方創生へ26年度補正予算ならびに27年度当初予算共に配慮してもらった。若い人が希望を持って暮らせる富山に努力していく。雇用については、12月現在求人倍率は1.39倍で全国を上回り、「中小企業処遇支援事業」でも一定の成果を上げている。支援事業については、中堅企業から中小企業への波及も期待し27年度も引き続き進める。介護福祉では、労働条件の改善と同時に福祉に関心のある若い人を育てていかなければならない。働きながらの資格取得や離職者への研修制度、将来展望が開けるようキャリアパスの導入や、表彰制度などでやりがいにつなげたい」と連合富山の重点項目2点について説明があった。 その後、尾谷会長は「デフレ脱却と経済の好循環は、政労使とも共通認識であるが、不安定雇用は減っていない。また、格差の拡大が指摘される中、貧困の連鎖を絶つために市町村とも連携しながら社会保障など様々な施策の充実に尽力願いたい」と挨拶した。 懇談では、①都市部と地方の公務員賃金の格差問題、②学生に対する労働教育、③中小企業における人手不足などの意見交換が行われ、終了した。

«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  

バナーエリア

pagetop