連合富山»最新情報

最新情報

最新情報

県民福祉の向上を!6課題34項目に亘る政策・制度要求書提出

県民福祉の向上を!6課題34項目に亘る政策・制度要求書提出

2017/11/08

 連合富山は11月8日に富山県石井知事に対して、6課題34項目にわたる2018年度予算編成に向けた政策・制度に関する要求書を手交した。 冒頭、辻会長は「安倍政権は"人生100年時代"を見据えた経済社会の必要性を掲げ、人づくり革命を進めていくとしている。しかし非正規雇用で働く人たちの安定雇用や人手不足による長時間労働の是正など、緊急的課題が山積しており、連合はこれらを最優先に解決しなければならないと考えている。本日6課題34項目を盛り込んだ政策制度・要求書を提出させていただくので、2018年度予算編成での諸施策に反映していただくようお願いしたい」と挨拶した。 石井知事から「県内の有効求人倍率は高水準で推移している一方、人手不足からの長時間労働もまた全国平均を大きく上回っている。産業の活性化と女性や高齢者の活躍、多様な働き方の推進で労働力人口を増やす施策の強化に努めてまいりたい」と挨拶を受けた。その後の意見交換では、浜守事務局長が最重点課題 ①正規労働者への転換と処遇改善について ②過労死撲滅に向けた長時間労働の是正について ③地域創生「総合戦略」の推進についての3点について要求の主旨内容を説明し、知事より各取り組みへの報告を受けた。 12月18日に各担当課から中間回答を受け、来年2月9日に文書による最終回答を受ける予定となっている。
辻ー浜守体制で7万連合富山をめざす!

辻ー浜守体制で7万連合富山をめざす!

2017/10/25

 連合富山は10月25日(水)にボルファートとやまにて第31回定期大会を開催し、「クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーン」、「長時間労働の是正」、「少子高齢化と人口減少社会における社会保障制度の拡充」など、結成30年に向け労働運動の参画意識向上と組織力強化に取り組むとともに、「働くことを軸とする安心社会」の実現をめざす向こう2年間の新たな運動方針と役員体制を確立した。 冒頭、主催者を代表して尾谷会長は初めに衆議院総選挙について触れた後、1年間を振り返って「7万連合富山の組織拡大については、皆さんのご奮闘で、6万6千名近くなり、組織事情がある中で、一定の成果が表れている」とし、「2年後の連合結成30年、連合の運動を発展させるためにも、原点である組織拡大や組織強化を継続し、構成組織・地域協議会が一体となって、本気で7万連合富山をめざすことを全体で再認識し行動していくことが大切であり、皆さんの積極的な活動を期待したい」と話した。次に2017春季生活闘争に触れ「県下の労使交渉に汗を流していただいたことから、厳しい中でも引き上げ率4年連続で2%を超える賃上げが実現できたことに加え、大手を超える組織が増えて、次に繋がる今次闘争であった。そして、非正規の皆さんにも波及し、地域最賃が3%を超える25円増額の795円になったことも影響であり、2018春季生活闘争もこの流れを継続し、『底上げ・底支え』、『格差是正』に向けての取り組みをお願いしたい」とした。最後に、「連合富山に結集する皆さんと共に、関係各方面の協力を頂きながら、『暮らしの底上げ』や『働くことを軸とする安心社会の実現』をめざし、一致団結して取り組むことを誓い合い、前向きな議論をお願いする」と挨拶した。 その後、来賓挨拶として連合本部の南部副事務局長、富山県の山崎副知事、富山労働局の山崎局長、労働者福祉事業協会の中村副理事長、民進党富山県総支部連合会の寺崎幹事長、富山県民社協会の古城会長より祝辞を賜った。また、午前の部終了前には土肥事務局長より、ディーセント・ワークへの取り組みが説明され、会場全員で「Decent Work for All(すべての人にディーセント・ワークを)」を掛け声にビラを掲げるアクションを行った。  続いて、土肥事務局長より【第2号議案 2018-2019年度運動方針(案)について】を提案し、結成30年に向けて2年間の運動方針を決定した。強化方針として、1000万連合実現に連動した、7万連合富山達成に向けての取り組みと人材・体制づくり、職場から始めよう運動のさらなる展開、働くことを軸とする安心社会の実現に向けた政策・制度の取り組み、第4次男女平等参画推進計画の着実な実行、政治活動の強化等提案され、その後、JEC連合・日医工の寺坂委員長より「連合2035ビジョン」(仮称)の背景と内容について、JAM・松長氏より中小企業の実態、結成30年に向けて質疑・意見が述べられ土肥事務局長と浜守副事務局長がそれぞれ応答し、第2号議案が満場一致で承認された。 その後、【第3号議案 予算(案)について】土肥事務局長が提案し、承認された。 【第4号議案 2018-2019年度新役員について】では、選挙管理委員長より新たな役員体制が報告され、新たに14名が新役員に就任した。 また、退任された役員11名の内、連合富山規約に基づき、連続2期4年以上にわたり連合富山の運動に尽力頂いた6名を表彰した。  尾谷前会長が退任され、新たに会長に就任した辻政光氏(JAM)は「組織強化・拡大を進めて3年後の1000万連合、7万連合富山をめざし、全組織を結集し社会の連帯を高めて、次の世代へ労働運動を橋渡しする。結成30年に向け、足元を見据えた活動を重要とし、働くことを軸とする安心社会の実現に向け、連合の考え方を組織内外へ積極的に発信し、行動する2年間にしていく」と力強く挨拶した。 その後、新たに副会長に新任した川岸副会長(全国農団労)より、「働くことを軸とする安心社会」の実現、「7万連合富山」に向けた組織拡大の取り組みを含む【大会宣言(案)】を提案し、満場一致で採択された。 最後に辻会長のガンバロー三唱で大会を終了した

女性の活躍推進に向けて!2017女性集会開催

2017/10/02

 連合富山女性委員会は9月2日に「2017連合富山女性集会」を開催し、39名が参加した。 冒頭、主催者を代表して女性委員会畑委員長が「女性の『活躍』は広い意味を持つと思うが本日は管理職や労働組合の役員など組織の意思決定機関に参加できる立場になるという位置付けで集会を進めさせて頂きたい。発言力を養いどんな時にも自分の意見を伝える事を活躍への第1歩として学びを深めてほしい」と開会の挨拶をした。続いて連合富山を代表して佐幸副会長より「男性と女性の意見が一致すると世の中は変わる。まずは女性の皆さんにも自信を持って声をあげてほしい」と激励を受けた。 第1部は(株)MCカンパニー加藤弘美代表取締役社長が「『あがり症を克服し発言力を養おう』というテーマで講演を行った。生まれた時からあがり症の人はいない。成長過程でさまざまな要因で自信をなくし人前に立つ事が恐怖に感じる。まずはトレーニングで自信をつける事であり、腹式呼吸や発声方法が大変に重要である」と実践を交えながらレクチャ―を受けた。また「伝える」スキル向上として具体的な話の組み立て方や意識するポイント(場面、相手、目的)について学んだ。 第2部では5~6人のグループに分かれ「女性が活躍するべき理由、したくない理由」をテーマに意見交換をした。「現在の上司の(長時間)勤務環境を見ているととても自分には務まらないと思う」「子どもがいても活躍できる職務ならばやってみたい」「お手本になる活躍している女性がいれば自信をもてる」と意見が出された。社会や家庭や職場の環境さえ変われば活躍したいと思う女性が多くいる印象を受けた。グループ発表の後、加藤講師に「富山県独特のやわらかい言葉の中にもうまく自己表現が出来ていた。今後も仕事とプライベートをブラッシュアップしてうまくライフコントロールをしながら活躍してほしい」と総評をいただき終了した。
すべての働く者の政策・制度要求実現でクラシノソコアゲを!

すべての働く者の政策・制度要求実現でクラシノソコアゲを!

2017/08/25

 連合富山は8月25日(金)に第2回推薦議員団会議を開催した。 主催者を代表し、尾谷会長は「2年以内に衆議院議員選挙、参議院議員選挙、統一地方選挙が予定されている。連合推薦議員を拡大させ、政治活動を介し政策・制度の実現のため支援をお願いしたい。合わせて、連合富山では組織力の維持・強化のため2020年に向け7万人連合富山を目指した取り組みを展開している。側面からのご協力をお願いしたい」と挨拶をした。 報告事項では浜守副事務局長が各自治体首長・議会議員選挙の結果と今後の選挙日程ならびに各級選挙の推薦候補者の報告をした。続いて、沢井副事務局長が2018年度富山県予算に関わる政策・制度要求の素案についての説明をした。意見交換では「各地域における鳥獣被害状況」「協議会の構成員について」「福祉施設が抱える課題や医療・介護・保育従事者の処遇改善」「社会保障全般について」等、多くの意見が交わされた。最後に連合富山第31回定期大会、各地域協議会定期総会の日程など報告確認をした。

«  1  2  3  4  5  6  7  8  9

バナーエリア

pagetop