連合富山»最新情報

最新情報

最新情報

多くの労働相談が寄せられる

2015/02/14

全国一斉「なんでも労働相談ダイヤル集中取り組み」 連合富山は2015春季生活闘争における非正規労働者に関わる社会的キャンペーンの取り組みとして「パート・派遣・契約社員の労働相談 駆け込みダイヤル」をテーマに、2月12~14日の3日間にわたり電話(フリーダイヤル)と面談による直接相談を実施した。 本年も事前PRとして4地協による早朝の街頭宣伝活動、新聞広告(北日本新聞:2月11日掲載)を実施し、3日間で49件(全国/1,180件)の相談が寄せられた。

労働相談は連合へ

2015/02/12

全国一斉「なんでも労働相談ダイヤル集中取り組み」周知のための街宣行動  連合富山は2月12日(木)に富山・高岡にて、連合が毎年取り組んでいる全国一斉「なんでも労働相談ダイヤル集中取り組み」の周知・アピールの街宣行動を行った。JR富山駅マリエ前では尾谷会長、沢井副事務局長が通勤・通学している市民に対し、「連合は、非正規を含むすべての働く皆さんの労働条件の向上をめざし、2015春季生活闘争の取り組みを進めている。本日から3日間、通常よりも時間を延長してなんでも労働相談を受け付けている。職場で困っていることがあったら相談ダイヤルに電話してほしい」と訴え、連合富山地協の四役・幹事組合から協力いただいた組合員がビラ・ティッシュ約3,000部を配布した。

月例賃金の引き上げにこだわって

2015/02/05

連合富山2015春季生活闘争・業種別共闘全体会議  連合富山は2月5日(木)にボルファートとやまにて、2015春季生活闘争・業種別共闘全体会議を開催した。 冒頭、主催者を代表して共闘会議推進委員会・辻委員長が「2015春季生活闘争の取り組みは、昨年12月の討論集会から論議を行い要求水準・日程などを確認してきた。今闘争は大変注目され成果が求められる闘争となる。すべての働くものの賃上げ実現に向け、業種共闘を強化し闘おう」と挨拶した。 続いて、連合富山・尾谷会長は「組合員の期待する『月例賃金』の引き上げにこだわり交渉を進め、成果を挙げることが社会への責務となる。底上げ・底支えに繋げなければならない。また、富山県議選の推薦5候補の勝利に向け力強い支援をお願いする」と訴えた。 この後、瀬川事務局長から、①2015春季生活闘争」の位置づけ・ポイント、②「休み方」「働き方」の見直し、③「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾の取り組みについて提起を行い、確認した。 続いて、各業種別共闘連絡会議を代表し、2015春季生活闘争の取り組みに向けた決意表明を行い全体で確認した後、小野共闘会議推進委員会副委員長から「闘争開始宣言」を提案し採択し、最後に団結ガンバローを三唱して結束を固めた。

政策・制度要求実現に向けて

2015/01/29

連合富山第1回推薦議員懇談会  連合富山は1月29日(木)にボルファートとやまにて、第1回推薦議員団会議を開催した。 冒頭、座長に長副会長を選出し、各議員に対し連合の取り組みへの協力に感謝する謝意と今後の協力を要請し、会議は進行された。主催者を代表し、尾谷会長は「連合は、2015春季生活闘争は、4%の賃金引上げを求め闘う。昨年は2%を求め、地域最低賃金は、16円2%引き上げられ728円になったことから、今年も地場や非正規労働者へ波及を求めていきたい。政策・制度実現に向けても、今年4月の県議会議員選挙において5名を推薦した。完全勝利をめざし、力を尽くしたい。各位の引き続きのご協力をいただきたい」と挨拶した。 報告事項に入り、瀬川事務局長より「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾の取り組み、2015春季生活闘争の方針と日程、沢井副事務局長より2015年度政策制度の各自治体への要求状況や県中間回答、2016年度政策制度作成への取り組み、公契約条例の全国的な制定状況、労働教育におけるカリキュラム化の申し入れなどの報告がされた。政策制度要求を実現にむけて議員各位の協力をお願いし終了した。
新たな年の幕開け

新たな年の幕開け

2015/01/06

2015連合富山新年祝賀会  連合富山は、1月6日(火)に、ボルファートとやまにて、各事業団体との合同開催となる「2015新年祝賀会」を富山県・富山市・富山労働局、各政党団体・推薦議員と構成組織・各単組代表など約300名が出席の中、開催した。  主催者を代表して尾谷会長は「社会から共感が得られる活動をめざし、2015春季生活闘争では「賃上げ」「時短」「政策・制度要求」を要求の三本柱として、非正規・未組織労働者を含めたすべての働く皆さんの底上げ・底支えを取り組む。また「7万連合富山」をめざす組織拡大や男女平等参画の推進、4月の県議会議員選挙では推薦候補者5名の全員当選をめざそう」と年頭の挨拶を行った。  来賓挨拶では、県知事代理の荒木公営企業管理者、森富山市長からそれぞれ祝辞を受け、労福協副理事長の石黒全労済富山県本部長の発声で乾杯し祝宴に入った。アトラクションはベリーダンスが披露され、懇親の場を盛り上げた。  祝賀会の最後には、中村副会長の掛け声で2015春季生活闘争の要求実現と今年1年のさらなる飛躍をめざす"ガンバロー"を力強く三唱した。

次年度予算に対する政策・制度要求の中間回答

2014/12/19

富山県により政策・制度要求の中間回答を受ける  連合富山は12月19日(金)に富山県教育文化会館にて、富山県により政策・制度要求に対する中間回答を受けた。 冒頭、富山県商工労働部下川次長より「県内の有効求人倍率が1.33倍で全国1.10倍に比して雇用は引き続き改善傾向にある。消費は一部冷え込みがみられ、地方ではアベノミクス効果が実感できない状況にある。雇用においては、基金活用し正規の処遇改善・支援を行い賃上げなど環境改善や定着を図っている。回答については、現時点での検討状況でありさらに意見をいただきたい」との挨拶を受けた。 続いて中村副会長から「11月13日提出から検討される中、中間回答交渉を設定いただき感謝する。安倍内閣の消費税増税延期によって地方交付税が確保されるのか、地方創生が自主的主体的にできるのか非常に危惧されるが、勤労者の思いをくみ取って県予算へ反映いただきたい」と挨拶した。 前半(3課題6項目)、後半(4課題7項目)に分けて各担当課からの説明を受け、これに対して瀬川事務局長から、各項目における現況の取り組み状況・考え方について質問し、県から再度説明を受けるとともに更なる要望を求めた。 担当課からの主な回答要旨は、①雇用の創出・安定に関する緊急雇用創出対策基金事業の成果と今後の計画、ものづくりプロジェクトや訓練付き雇用の「重点成長分野人材育成プログラム事業」の確保や新入社員合同サポートモデル事業については、人数・回数を増やし引き続き実施する。②県内企業処遇改善支援事業は、今年度100社を超えニーズが高いことから来年度も募集を行う。③災害に強いまちづくり、農業政策、医療福祉の人材確保については、現状と計画見込みなどについて、それぞれ意見交換を行った。なお、正式回答については、2月中旬目途を予定している。

「2015春季生活闘争討論集会」「連合富山12.5全国統一集会」同時開催!!

2014/12/05

STOP THE 格差社会!春季生活闘争討論集会と12.5全国統一集会を同時開催!!  連合富山は12月5日(金)にボルファートとやまにて、「2015春季生活闘争討論集会」と併せて「連合富山12.5全国統一集会」を開催した。  討論集会の冒頭、尾谷会長は「2014年を引き継ぎ、2015春季生活闘争でも月例賃金の引き上げにこだわり、非正規も含めた底上げ・底支えを取り組もう。現在行われている、解散総選挙は、アベノミクスの失敗を覆い隠す政権維持の党利・党略の選挙で、自公が信任されれば労働者保護ルールの改悪につながり、働く者の雇用や暮らしが守れない」と挨拶した。  この後、連合の須田孝総合労働局長から「連合の2015春季生活闘争にあたっての基本的な考え方」をテーマに1時間余りの講演を受けた。講演では「日本経済は少子・高齢化、人口減少社会の中で労働人口も減少が進むことになる。アベノミクスの経済運営の中で円安と消費税の引き上げにより物価は3%台推移しているが賃金は追い付いていないことから、経済見通しは下方修正されている。連合は2015春季生活闘争では、賃上げ2%以上(定期昇給相当分確保前提)で底上げ・底支えと、長時間労働の抑制など時間短縮、政策・制度要求実現を3本柱として、デフレからの脱却と経済の好循環を求めて行く」特に、賃金制度の未整備の中小の賃金水準が低下していることから「連合リビングウェイジに基づく最低到達水準の設定=富山県単身・自動車なし:144,000円(時間額880円/163H)」など、新たな要求水準の設定も行った」また、闘争日程としては「例年から1週間遅れの3月18日を山場とした」など、方針説明が行われた。 続いて、瀬川事務局長から連合富山の取り組みとして「1月19日予定の共闘会議推進委員会の確認を受け、1月21日第3回執行委員会には連合富山の闘争方針を決定し、5業種の業種共闘で共闘体制を強化して取り組みを推進して行きたい」との提起が行われた。この後若干の意見交換で討論集会を終了した。  2015春季生活闘争討論集会に引き続き、「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾の取り組み(第1ゾーン)のメインとしてスタートした「全国縦断アピールリレーゴール」の節目として、東京港区の「メルパルクホール会場」をインターネット中継で結び、全国47地方連合会の仲間とともに、富山においても同日同時刻で「5.27全国統一集会」と同様に、労働者保護ルール改悪阻止にむけた「連合富山12.5全国統一集会」を瀬川事務局長の司会で開催した。  はじめに、4地域協議会を中心に10月24日から28日にかけて県内においても実施した「全国縦断アピールリレー」の取り組み状況をスライドを交えながら宮越事務局長から時系列的に報告した後、主催者を代表して尾谷会長の挨拶を受け、全国統一集会のネット中継(東京会場)に切り替え視聴した。  冒頭、古賀会長からは「この選挙は労働者保護ルールを許すのか?それとも止めるのかにある!しかし残念ながら情勢は極めて厳しい―このままだと暴走する安倍政権に白紙委任状を渡すことになる。重大な危機感を共有し『全国縦断アピールリレー』でつないできた働く仲間の連帯を今度は投票行動で示そう!」と訴えかけた。  続いて、民主党小林正夫参議院議員は「安倍政権は、日本の国力(労働)を削ぐような労働者保護ルールの改悪を進めようとしている―この選挙は勝たねばならない!連合の皆さんの協力を!」と訴えた。  引き続き、東ルート(東京:杉浦事務局長)、西ルート(静岡:池富会長)それぞれ代表者から報告を受けた後、2人の最終ランナーが東京会場の檀上へゴールし、東西2つのタスキが古賀会長に手渡された。  神津事務局長からは「タスキで全国の思いをつなぎ世論を喚起し民主党が頑張った結果、労働者派遣法の改悪を阻止することができた。しかし、今の政治体制が続く限り、来年の通常国会ではもっと増幅されて私たち働く者に襲い掛かってくる。安倍さんは『この道しかない』と言うが、その道とは労働者保護ルール改悪であり、格差拡大への道だ。そして、日本を戦争する国にする道でもある。そういう思いで、それぞれの組織の中で組合員に投票行動を呼びかけるリレーを全力で展開しよう!」と力強く訴えた。  この後、ネット中継を切り替えて、本部報告および今後の取り組み提起を富山集会においても全体で確認し、県教組(書記長)神田執行委員から「労働者保護ルールのタスキはゴールしたが、ここで歩みを止めてはならない!解散総選挙では「自民1強にNO!」の意思を示そう!」との集会アピールを提案・採択を行い、最後に、尾谷会長の音頭で団結ガンバローを三唱し12.5集会を終了した。

富山県に政策・制度要求書を提出

2014/11/13

富山県2015年度予算編成に向けた政策・制度要求書を提出 連合富山は、11月13日(木)に富山県に対して政策・制度要求書を提出した。  冒頭、尾谷会長より石井知事へ6課題30項目の2015年度予算に関する政策・制度要求書を手渡し、尾谷会長から挨拶を行った。謝辞の後、景気の先行き不透明感や年収200万円以下の労働者の増大を指摘し、労働環境の改善に向けて県の施策への反映を要望した。  続いて石井知事より挨拶があった、アベノミクスの恩恵がないとの声があり、大都市だけではなく、地方に光を当てるよう国に要望してきた。人口減少対策も政府が姿勢を示している際に富山県もこの機を逃さず全力をあげると述べた。  次に瀬川事務局長より、重点項目6課題13項目についてポイント説明を行った。知事より、それぞれの項目に対し、雇用課題を中心に現状の取り組み状況について説明があった。  具体的には「緊急雇用創出基金事業」や「企業処遇改善支援事業」の継続と拡充や「ものづくり戦略プロジェクト」の実行、女性の活躍促進への県が取り組んでいる「きらめく女性リーダー塾」の実施状況などについて説明を受けた。中間回答交渉は、12月19日(金)を予定。最終回答は来年2月初旬を要望し終了した。

労働者保護ルール改悪阻止に向けたアピールリレーに富山地協が取り組み、中心市街地を走り抜く!

2014/10/26

新川地協から受け継いだタスキで富山地協が富山市内をアピールリレー!  10月25日(土)に新川地協からタスキを受け継いだ富山地協は10月26日(日)に富山市中心部を街宣・アピールリレーを実施した。  午前10時30分からJR富山駅前で街宣行動・ティッシュ配りを行い、その後JR富山駅前から総曲輪フェリオ前までの区間、富山地協の桑山議長をはじめとする富山地協役員や四役組織からの参加者、連合富山の森川副会長、中野執行委員も参加しタスキリレーを実施した。  最終区間では連合富山の尾谷会長、瀬川事務局長も新川地協の参加者とともに走り切った。  富山地域のリレーゴール地点である総曲輪フェリオ前にて街宣行動を実施し、尾谷会長、瀬川事務局長、そして連合富山推薦議員の岡﨑富山市議会議員が労働法制改悪阻止を訴えた。  その後、富山市内にてテープ街宣を行い、婦中町のファボーレ前にて街宣行動を行った。ファボーレ前街宣には富山地協の桑山議長、連合富山推薦議員の坂野富山県議会議員も参加し、連合の取り組みについてアピールした。  最後に、富山地協の桑山議長から砺波地協の森田議長へとタスキを受け渡し、この日のアピールリレーを終えた。

全国縦断アピールリレーin富山がスタート!!

2014/10/25

県内で労働者保護ルール改悪阻止に向けたアピールリレーがスタート!新川地協は約13kmを走破!!尾谷会長・瀬川事務局長も激走! 新川地協は10月24日(金)夕刻に連合新潟・上越地協からタスキを受け取り、10月25日(土)に県内アピールリレーの先陣を切った。  新川地協事務所(魚津市吉島)から富山市内のショッピングセンター(富山市水橋)の約13kmを4区間に分け、タスキリレーを行った。  最終区間では連合富山の尾谷会長、瀬川事務局長も新川地協の参加者とともに走り切った。  新川地域のゴール地点では新川地協の近藤議長代行から富山地協の桑山議長へのタスキの受け渡しが行われた。  その後、富山地協は富山市内にてテープ街宣を行い、ボルファートとやまへ帰着した。
労働者保護ルールの改悪は許さない!!全国縦断アピールリレー

労働者保護ルールの改悪は許さない!!全国縦断アピールリレー

2014/10/24

労働法制改悪阻止!全国縦断アピールリレーが富山入り!! 連合富山は、第11回執行委員会での「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾の取り組み(その1)をふまえ、9月25日の「労働者保護ルール改悪阻止行動開始宣言集会」と同時に沖縄県(石垣島)と北海道(旭川)においてスタートした、構成組合員がタスキリレーで全国を縦断しながら「労働者保護ルールの改悪阻止」を世論にアピールする取り組みを、県内において10月24日から28日の5日間に取り組むことなった。  10月24日(金)に魚津市役所前にて連合新潟の牧野事務局長から尾谷会長にタスキが手渡された。尾谷会長は「今回の全国縦断リレーで世論喚起し、社会的うねりを作り出し、労働者保護ルールの改悪はなんとしても阻止しなければならない」と強い決意を示した。  その後、JR魚津駅前で新川地協を中心に連合富山推薦議員の寺崎・飛世両魚津市議とともに、市民に労働法制改悪阻止の取り組みをアピールするための街宣行動を行った。
「労働法制の改悪阻止」「2015春季生活闘争勝利」「県議選必勝」共感の得られる運動をめざして

「労働法制の改悪阻止」「2015春季生活闘争勝利」「県議選必勝」共感の得られる運動をめざして

2014/10/22

向こう1年間の補強方針を確認! 連合富山は10月22日(水)に第28回定期大会を開催した。

«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  

バナーエリア

pagetop