連合富山»最新情報

最新情報

最新情報

交渉の場は地場・中小へ!2015春季生活闘争が本格化

交渉の場は地場・中小へ!2015春季生活闘争が本格化

2015/04/02

2015春季生活闘争4.2地場・中小労組総決起集会  連合富山は4月2日(木)に2015春季生活闘争の地場中小労組の闘争支援と「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」を求める決起集会を県庁前公園にて開催し、350名の組合員が参加した。  主催者を代表し、共闘会議推進委員会・辻委員長が「要求提出組合の3割が前年実績を209円上回る成果を上げ決着している。これから地場・中小組合が決着をめざすが、この成果を波及させ4月末決着をめざそう」と挨拶した。続いて、連合富山・尾谷会長は「月例賃金の引き上げにこだわる取り組みの結果、昨年実績を上回る回答状になっている。同時要求の一時金についても昨年を上回っている。4月3日~28日の「地場・中小解決促進期間」において、この成果をすべての働く仲間の底上げ・底支え、格差是正につなげるため頑張ろう!また、派遣法をはじめとする労働法制の改悪や政府の年金運用問題への取り組み強化が求められる。明日からの県議選の取り組みと合わせて粘り強く闘い抜こう」と訴えた。  この後、JAM北陸・三光合成労組・松田多加志委員長と、運輸労連・富山県連合・沖田裕弘事務局長から、要求獲得に向けた闘う決意表明が行われた。  引き続き、瀬川事務局長から「2015春季生活闘争は、これから中小・地場の闘いが本番を迎える。現在の回答状況を踏まえ、①賃金カーブ維持分を確保した上で、要求趣旨に沿った回答引き出しに全力を挙げる。 ②そのために、本日から4月28日までを「中小回答促進期間」に設定し、精力的に交渉を展開していく。③非正規の時間給引き上げや処遇改善に引き続き取り組む。また「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾の取り組みついては、労働法制の規制緩和に対して、4月29日を中心とした4地協の第86回メーデーでの特別決議の採択、5月27日の「全国統一集会(インターネット中継)」に向けた街頭行動やフォーラムの開催、本部が主催する国会周辺での行動へのバス動員を企画していく」との今後の取り組み提起が行われ、参加者全員で取り組みを確認した。  続いて、共闘会議推進委員会・佐幸副委員長から「すべての働く者の底上げ・底支え、格差是正をめざし、総力を結集し闘い抜こう」との集会宣言が提案され、これを採択した後、辻委員長のガンバローで集会を終え、参加者全員で富山駅周辺をデモ行進した。

年金が危ない!?

2015/04/02

「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン【年金積立金は誰のもの?】  連合富山は4月2日(木)に「2015春季生活闘争の取り組みアピール」と「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーンの柱の1つである【年金積立金は誰のもの?】アピール街宣行動を富山・高岡にて実施し、2会場でビラ・ティッシュ計5,000部を配布した。
生活を見直し、しっかりとしたライフプランを

生活を見直し、しっかりとしたライフプランを

2015/03/21

連合富山青年委員会2015スプリングセミナー  連合富山青年委員会は、3月21日(土)にボルファートとやまにて2015スプリングセミナーを富山労福協、富山県ライフサポートセンターとの共催で、若者向けのライフプランセミナーを開催した。講師には北陸労働金庫の川端美紀乃氏、全労済の山道明子氏、渡辺伸宏氏の3名を講師に迎え、それぞれの分野から生活設計をどのように計画立てていくかといった内容で講演を受けた。  川端氏は、これからの人生においてどのようなことが起こりうるのか(結婚・出産・マイホーム購入等)を見やすい表にするライフイベントの作成法や「それぞれのイベントにどれだけの費用が掛かるか」「そのための貯蓄スタートはいつから始めるべきか」といった直近で若者に必要なプランから年金制度についてについて等の中長期にわたるお金に関する設計の必要性を説明した。また、賢く上手なローン・クレジットの利用法や悪徳商法の見分け方についてのDVDも上映された。  山道氏からは、今後の生活でどのようなリスクがあり、それらにどう対応していけばよいかといった事を全労済の共済内容を具体例とし、生活保障設計について講演を受けた。  渡辺氏は、富山県が車社会であり、交通事故にあうリスクが高いことから、事故への備えと万が一の場合の対応、最近増加している自転車事故の実態等について講演し、自分が加入している共済や保険を今一度見直しておくべきであると説明した。  参加者はどの分野についても熱心に聞き入っており、セミナー終了後のアンケートでも「人生設計の重要性を痛感した」「このようなセミナーは、より具体的な内容で何回か開催してほしい」「労働金庫・全労済は他の銀行・保険会社と一緒だと思っていたが、スタートは福祉であると聞いて認識が変わった」などといった意見があり、本セミナー開催の意義は概ね達成され成功裏のうちに終了した。

2015春季生活闘争の山場を控え、地域で総決起

2015/03/12

2015春季生活闘争アピール街宣行動  連合富山は3月中旬に開催された各地域協議会主催の2015春季生活闘争総決起集会の前段に富山・高岡にてアピール街宣行動を実施した。 富山地域は3月12日(木)にJR富山駅マリエ前にて2015春季生活闘争の取り組みと当日開催の富山地協の総決起集会周知のための街宣行動を実施した。尾谷会長は「すべての働く者の底上げ・底支え、格差是正を実現するため、2015春季生活闘争に取り組んでいる。また、連合がめざす働くことを軸とする安心社会に向け、政策・制度要求の実現をめざして取り組みを進めている。市民・県民の皆さんのご理解とご協力をお願いする」と訴えた。2015春季生活闘争の取り組み周知のビラ・ティッシュ約3,000部を富山地協の協力スタッフが配布した。

«  1  2  3  4  5  6  7  8  9

バナーエリア

pagetop