連合富山»最新情報

最新情報

最新情報

平和を守り、雇用を立て直す みんなの安心のため、さらなる一歩を踏み出そう! 第86回富山県中央メーデー

平和を守り、雇用を立て直す みんなの安心のため、さらなる一歩を踏み出そう! 第86回富山県中央メーデー

2015/04/29

  連合富山主催、富山地協が実行委員会として4月29日(水)に富岩運河環水公園親水広場にて、組合員やその家族7,000名参加のもと、「働くことを軸とする安心社会の実現」と「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」をめざすために働く者の祭典である第86回富山県中央メーデーを開催した。 来賓には石井富山県知事、老月富山副市長、吉田富山労働局長、森本富山県労働者福祉事業協会副理事長、高田民主党富山県総支部連合会代表、又市社会民主党富山県連合代表、針山富山県民社協会会長をはじめ、立山町の舟﨑副町長、富山県・富山市の労働関係各部署代表、富山地協が推薦する各級議員、労働福祉事業団体の各代表に出席頂いた。 冒頭、実行委員会を代表して桑山実行委員長(連合富山・富山地域協議会議長)は「私たち勤労者を取り巻く環境は、経済ではアベノミクスによる円安・株高の誘導から、輸出大企業、富裕層を優遇し続けているが、地場・中小企業への波及効果は薄く、さらなる企業規模間格差が拡大している。今年の春季生活闘争によって賃金引き上げはあるものの、それ以上に物価孤島が家計を圧迫し、アベノミクスの強い副作用が出ている。政治の面では、今国会における労働法制改悪の動きやリスクが大きい年金積立金の運用見直しなど、自公政権の下で勤労者、生活者を踏み台とした政策が推し進められている。このような状況下で開催する本日のメーデーでは、今一度原点に立ち返り、私たちがめざす社会の実現に向け組織全体で指揮を高める必要がある。働く者が団結し、立ち止まらず、動き出すことの意義の認識を深めたい」と挨拶した。  続いて、尾谷会長が主催者代表挨拶で連合の取り組む「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーンへの理解・協力を求めた。 その後、来賓各位から挨拶を受け、『平和を守り、雇用を立て直す みんなの安心のため、さらなる一歩を踏み出そう!』のメーデースローガン確認、『労働者保護ルールの改悪阻止!年金積立金は誰のもの?「全国統一行動」開始宣言 特別決議』、『メーデー宣言』の提案・採択された。 引き続き、プラカードコンテスト、お楽しみ抽選会を実施した。  お楽しみ抽選会では、目玉賞品の「北陸新幹線(富山‐東京間)往復普通指定席4名分」が北陸電気工業労組の田中さんが当選し、尾谷会長から目録を贈呈した。 最後に、尾谷会長の発声でガンバロー三唱にて式典は終了し、実行委員会からのデモ指示の後にメーデー会場周辺を2隊に分かれてデモ行進し、第86回富山県中央メーデーは閉会した。
女性の地位向上に向け、ステップアップセミナーを開催

女性の地位向上に向け、ステップアップセミナーを開催

2015/04/18

     連合富山女性委員会は4月18日(土)に2015ステップアップセミナーを開催し、53名が参加した。 4年目を迎えた「2015ステップアップセミナー」は、総勢53名を集めて原幹事の司会進行で開催した。主催者を代表して小橋副委員長は、冒頭「まずは参加者全員それぞれ5名と英語で挨拶しましょう」との和やかな雰囲気でのスタートとなり、挨拶では「女性を取り巻く法律や規則改正などの職場の定着と様々なハラスメント対策など、それぞれの職場で取り組みを進めてほしい」と訴えた。 続いて、連合富山を代表して佐幸副会長より「女性議員の少ないことから女性参政権を勝ち得てきた時代を思い起こし、政治への関心・意識を高めよう。日本の防衛に対し積極的な平和主義意識を高めよう。また、男女平等参画においては当事者意識を持ってその原動力になろう」と激励を込め挨拶した。 セミナーに入り、清水講師より~そもそも「キャリア」とは?~の問いかけに認識の誤りについて指摘され、仕事の視点は判るが、生活領域全般の経験においてもキャリアと呼び、人脈もキャリアのうちであること、特に人生のライフキャリアの概念については「ライフ・キャリア・レインボー」の図形を用い、様々な立場での役割があることについて-講演を受けた。次に6人×9グループに別れて「10年後の自分に対する希望や役割」などについて話し合った。キャリアマネジメントの教訓として「人生の80%は本人も予期しない偶然の出来事によって作り上げられる」と示し、偶然の出来事がキャリアに大きな影響があり、偶然を避けるのではなく、起きたことを最大限に利用することが大切であると述べた。講師の組合経験のなかからも、とにかく逃げないでやってみることを実践してきたことにも触れ、大いに共感した。10年後のなりたい自分になるための行動について考えるきっかけとなり、好評のうちに終了した。
交渉の場は地場・中小へ!2015春季生活闘争が本格化

交渉の場は地場・中小へ!2015春季生活闘争が本格化

2015/04/02

2015春季生活闘争4.2地場・中小労組総決起集会  連合富山は4月2日(木)に2015春季生活闘争の地場中小労組の闘争支援と「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」を求める決起集会を県庁前公園にて開催し、350名の組合員が参加した。  主催者を代表し、共闘会議推進委員会・辻委員長が「要求提出組合の3割が前年実績を209円上回る成果を上げ決着している。これから地場・中小組合が決着をめざすが、この成果を波及させ4月末決着をめざそう」と挨拶した。続いて、連合富山・尾谷会長は「月例賃金の引き上げにこだわる取り組みの結果、昨年実績を上回る回答状になっている。同時要求の一時金についても昨年を上回っている。4月3日~28日の「地場・中小解決促進期間」において、この成果をすべての働く仲間の底上げ・底支え、格差是正につなげるため頑張ろう!また、派遣法をはじめとする労働法制の改悪や政府の年金運用問題への取り組み強化が求められる。明日からの県議選の取り組みと合わせて粘り強く闘い抜こう」と訴えた。  この後、JAM北陸・三光合成労組・松田多加志委員長と、運輸労連・富山県連合・沖田裕弘事務局長から、要求獲得に向けた闘う決意表明が行われた。  引き続き、瀬川事務局長から「2015春季生活闘争は、これから中小・地場の闘いが本番を迎える。現在の回答状況を踏まえ、①賃金カーブ維持分を確保した上で、要求趣旨に沿った回答引き出しに全力を挙げる。 ②そのために、本日から4月28日までを「中小回答促進期間」に設定し、精力的に交渉を展開していく。③非正規の時間給引き上げや処遇改善に引き続き取り組む。また「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン第3弾の取り組みついては、労働法制の規制緩和に対して、4月29日を中心とした4地協の第86回メーデーでの特別決議の採択、5月27日の「全国統一集会(インターネット中継)」に向けた街頭行動やフォーラムの開催、本部が主催する国会周辺での行動へのバス動員を企画していく」との今後の取り組み提起が行われ、参加者全員で取り組みを確認した。  続いて、共闘会議推進委員会・佐幸副委員長から「すべての働く者の底上げ・底支え、格差是正をめざし、総力を結集し闘い抜こう」との集会宣言が提案され、これを採択した後、辻委員長のガンバローで集会を終え、参加者全員で富山駅周辺をデモ行進した。

年金が危ない!?

2015/04/02

「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーン【年金積立金は誰のもの?】  連合富山は4月2日(木)に「2015春季生活闘争の取り組みアピール」と「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現」キャンペーンの柱の1つである【年金積立金は誰のもの?】アピール街宣行動を富山・高岡にて実施し、2会場でビラ・ティッシュ計5,000部を配布した。

«  1  2  3  4  5  6  7  8  9

バナーエリア

pagetop