連合富山»最新情報

最新情報

最新情報

組合員OBが語る戦争の惨禍 2015ピース・アクションin-Toyama

組合員OBが語る戦争の惨禍 2015ピース・アクションin-Toyama

2015/07/31

   7月31日(金)に8月1日の富山大空襲の日に向けて、反戦平和の願いを込めた「ピース・アクションin-Toyama」を開催し、87名が参加した。 冒頭、主催者を代表して尾谷会長からは「富山大空襲-そして終戦から70年が経過しようとしている。本日は組合の大先輩である増田さんを招き、当時の体験談を語っていただくが、国会では安全保障関連法案が国民の理解を得ないまま強行採決された。こういった与党の進め方は国民軽視であり許せるものではない。この集会で反戦平和への意識をより高め、何か一つでもいいから心に刻み持ち帰ってほしい」との挨拶を受けた後、戦争体験談の講演に入った。 JEC連合・燐化学工業労組の元執行委員長である増田昭治氏が"地方都市最大の富山空襲"と題し、70年前の凄惨な体験とともに「正義の戦争などありはしない。戦時中は人が正常な判断力、心を失う。絶対に戦争は繰り返してはいけない」と語り、参加者は戦争の悲惨さと平和への思いを強くした。 その後、恒久平和への願いと安全保障関連法案が衆議院にて強行採決されてことに対する抗議を込め「次世代に平和の願いを伝えていく」とする集会アピールを採択し、集会は終了した。  また、集会前には社会活動推進委員会を中心にJR富山駅マリエ前にて街宣行動を実施し、反戦平和のうちわを配布しながら、県民に連合富山の平和への取り組みを訴えた。
男女平等社会の実現に向け、2015男女平等フォーラム開催

男女平等社会の実現に向け、2015男女平等フォーラム開催

2015/06/18

 6月18日(木)に2015男女平等フォーラムを開催し、30名が参加した。 沢井副事務局長の進行で始められ、冒頭、連合富山を代表して松本副会長より「近年の政府の男女平等参画の視点は、経済のための男女平等参画のように見られる。女性の活躍はもとより、男性の働き方もこれでよいのか考える必要がある。本日のフォーラムで意見交換をしながら、なかなか進まない労働組合への参画についても第4次男女平等参画推進計画のもと進めていただきたい」との挨拶があった。 連合総合男女平等局鈴木次長からは「女性労働~職場の点検と定着」と題して講演を受け、女性の雇用状況、就業と出産、男女間賃金格差の現状...また、セクハラ・マタハラなど継続して働くことを阻害する問題も依然として見逃せない状況にあることなどグラフを用いながら判りやすく説明いただいた。また、現在、衆議院内閣委員会を通過した「女性活躍推進法案」における論議状況は、均等法改正や間接差別の適用拡大など限定されず、賃金格差の実態把握の努力義務化などが付帯決議とされた近況についても報告された。 続いて、4グループに分かれてグループディスカッションを行った。男女平等部会委員がそれぞれ座長を務め進行し、単組の現状と取り組み・課題について意見交換を行った。法を上回る短時間勤務の年齢延長を勝ち取ったことや、休業復帰後の不利益取り扱いがないように組合がチェックをする...女性専用休憩施設を確保するなど、女性の働き易さにおいて参考になる意見が多く出された。また、第4次計画は2020年までの大きな数値目標があるが、粘り強く進め少しでも動き出す状況が見出せれば、加速していくという前向きな意見も出された。 それぞれの座長が、グループの意見をまとめ発表し、鈴木次長の講評、松本副会長の閉会の挨拶で終了した。
女性のための全国一斉集中労働相談ダイヤル周知のための街宣行動

女性のための全国一斉集中労働相談ダイヤル周知のための街宣行動

2015/06/11

 6月11日(木)に連合が男女平等月間である6月に実施している女性のための全国一斉集中労働相談周知のための街宣行動を実施した。 連合富山の尾谷会長は「セクハラ・パワハラ・マタハラの被害にあっても泣き寝入りせず、連合富山に相談してほしい。女性相談員も配置しているので気軽に電話してほしい」と通勤者に訴え、富山地協の応援スタッフの協力を得て、ビラ・ティッシュ約3,500部を配布し、取り組みのアピールを行った。
森林整備に汗を流す 第18回はぐくみの森ボランティア

森林整備に汗を流す 第18回はぐくみの森ボランティア

2015/06/06

   6月6日(土)に今年度第1回「第18回はぐくみの森ボランティア」の開催し、総勢20名が参加した。今年は、猪で少し荒れた里山となっており、遊歩道の整備、山肌の草刈り、森林空間利用活動として原木に椎茸菌の植え付け作業を行った。 はじめに、主催者を代表して瀬川事務局長から「はぐくみの森ボランティアは、10年目を迎えるが環境保全の一環として大切な取り組みであり、すでに18回目となるが、これまでのご尽力に感謝する。.約半日の行程となるがいい汗をかいて怪我の無いように頑張っていただきたい」と挨拶した。参加メンバーや射水市・連合富山事務局の紹介を行い、続いて作業内容や日程について確認し作業に入った。 遊歩道の整備は、大きなカケヤを持ち、杭を斜面に打ち込む作業のため、慣れない作業であることから参加者は交代しながら、およそ30段にもおよぶ階段を整えた。また、草刈りは、大鎌・中鎌を振るい植樹場所など約2時間に渡った。遊歩道や山肌は、実施前とは見違えるほど綺麗になった。 続いて、射水市農林水産課の野竹主任と担当の津幡さんから、椎茸雑の植え付けについて作業内容や管理方法などの説明を受けた。早く収穫をと願いながら、植え付け作業を行い、参加者には、楽しみな副産物として原木を各自持ち帰ってもらい、全体の取り組みを無事終了し解散した。

«  1  2  3  4  5  6  7  8  9

バナーエリア

pagetop